So-net無料ブログ作成
検索選択
ラグビーワールドカップ2011 ブログトップ
前の10件 | -

決勝 ニュージーランド×フランス [ラグビーワールドカップ2011]

いやっほう!!
優勝おめでとう、オールブラックス!!!
やったーやったー!
よかったねー。ホントよかったねー。

いやー、しかし観ていてこんなに緊張する試合になるとは思わんかった。。。
ウドコックのラインアウトからのトライは綺麗に決まって、よっしゃー!このままトライの嵐だぜー!と思ったのも束の間。フランスの闘志はすごかった。
ニュージーランドはなかなか自分たちの力が出せなくて、むしろフランスの方が勢いがあって、「負けちゃうの!?もしかしてオールブラックス負けちゃうの!?負けちゃう前提で見といた方がいざ勝負が決まった時にショックが少なくて済む!?」とかなり悲観的になってしまう瞬間が多々ありました。

大会の途中から一躍、時の人となったウィプーはキックが安定しなくてミスも連発して途中交替だし、クルーデンまで負傷でやっぱりオールブラックスのスタンドオフには呪いがかかってるんじゃないかと本気で思うくらいだったし、どうなっちゃうの〜!?ってずっとハラハラしながら見ていましたよ。
スタンドオフはまったく悲劇続きだったねぇ。
しかし結果的には第四のスタンドオフ、ドナルド君のペナルティキックが決勝点となったわけで、ホントわからんもんです。
ダン・カーターがいなくても優勝できるオールブラックスってやっぱすげーと思います。

8−7という地味な試合で、もちろん華やかなトライが見たいという気持ちはあったけれど、最後の4分くらいは、もうどんなに格好悪くても泥臭くてもいいから、そのままボールをキープし続けてくれ〜〜、トライはいらないからとにかくどんな形でもいいから勝ってくれ〜〜と祈り続けました。
執念です。執念の勝利です。
おめでとう!おめでとう、オールブラックス!!
もし君たちが負けていたら、迷った末に決勝の日に温泉旅行へ出掛けてしまった自分を許せないところだったよ・・・!

相手フランスだしー、20点差くらいで余裕の勝利じゃね?
70分あたりでソニー・ビル・ウィリアムズが出て来て(早々にシンビンをくらわずに)華麗なるトライを決めて女どもをキャーキャー言わせて、ザッツ・エンタテインメントな感じじゃね?
と思ってたんだけど、とんでもなかったですね。
フランスの魂を見せていただきました。
キャプテンのデュソトワール、man of the matchにも選ばれたようですが、ホントすばらしかったです。

両チームともお疲れ様でしたー!

こうしてラグビーワールドカップ2011は終了。
このブログも終了。
それではまた四年後にお会いしましょう。


三位決定戦 ウェールズ×オーストラリア [ラグビーワールドカップ2011]

引き締まった良い試合でした。
最後の最後、もう勝敗は決まっていたけれど、勝ち負けは関係なく、最後にウェールズにトライを取って終わらせてあげたいと心から思い、彼らは80分過ぎてからも集中力を切らせることなく攻撃し続けてついに奪ったトライ。
ううーん、よかった。よかったよ!
ウェールズの真摯な戦いぶりは大会通して印象的だったよねえ。

そしてシェーン・ウィリアムズのトライが老練の技術という感じで良かったですなー。
「小さな巨人」という異名もかっこいい。

ワラビーズのマスコットを会場に運ぶのはオコナーの役目なのね。
やっぱり若くて可愛い男の子にそういう役目はやらせるのね。

クーパーにとっては終始厳しいワールドカップとなりましたな。
ボールを持つ度にブーイングの嵐。
イマイチ調子が上がらず、キックも決まらず、最後は突然の怪我で交替。
そりゃ23歳にしてあの苦行僧みたいな顔付きになります。
こういう苦い経験を踏み台にして、次のワールドカップで花開いてくれい。

今大会も残るは決勝のみ。
楽しみだけど、終わっちゃうのは寂しいなぁ。


準決勝 ニュージーランド×オーストラリア [ラグビーワールドカップ2011]

オールブラックスはリードしている限りは無敵ってことで。
いやー、良かった良かった。安心しました。

オーストラリア人から「オールブラックスには大きなプレッシャーが掛かっているから首が絞まってて勝てない」とか「オールブラックスはワールドカップでワラビーズに勝ったことがない」とかさんざん脅されていたので、もしかしたら負けちゃうかも。ていうか負けちゃう前提で観ておいた方がいいのかも……と弱気になっていましたが、いやいや、終始ニュージーランドのリードでした。
よかったーー。

もうしょっぱなからガンガン攻めて押せ押せムード。
5分でトライ取っちゃうし。
でもこうして調子が良いと後でガタガタっと崩れたり……と一抹の不安が頭をよぎったりもいたしましたが、うん、大丈夫だったね。

Man of the matchは納得のコーリー・ジェーン。
今日の勝利の三割くらいは彼のナイスキャッチのおかげなんじゃないかと思う。
すばらしいキック処理でした。

ウィップーはキックはイマイチだったけど、なんだか貫禄が出てきたよねぇ。
エリスの出血交替の時も「やっぱ俺がいなきゃダメだろ」って感じの再登場。
そしてPGを決めて再び交替。
男を上げたね。

一方のソニー・ビル・ウィリアムズは、さあいよいよスター登場といった具合に颯爽と現れたのはいいけれど、交替早々にシンビンを食らって終了〜。
最後のSBWの華麗なるランやオフロードが見たかったファンはがっかりでしょう。
私もがっかりよ。

ところでコリン坊やはもう試合には戻って来られないのかしら?
今日のメンバーに名前がなかったけど、登録メンバーからも外れたってこと?
そういやアルゼンチン戦で怪我して交替していたなぁ、と今更思い出す。
今大会、オールブラックスのSOには呪いでもかかっているのでしょうか。。。

さあ、次はいよいよ決勝だ!
無敵のニュージーランド対予測不能のフランス。
面白そうでねーの!!


準決勝 フランス×ウェールズ [ラグビーワールドカップ2011]

プール戦で2敗したフランスが決勝まで勝ち上がって来ると誰が予想しただろうか!
そりゃ意味不明なフランスだからこそ何やらかすかわからないという意味で、あるいはフランスが……と思うことはあったかもしれないけど。
9−8の接戦を制したのはフランスでした。

それにしてもウェールズよく頑張った!
後半、ウェールズの最終兵器、規格外の大型スクラムハーフ、フィリップスのトライから俄然盛り上がりましたね。選手たちも奮い立っていたのが伝わってきたし。
ああいうスクラムハーフがいると攻撃の幅が広がっていいよね。他の国のコーチは羨ましくてしょうがないんじゃないかと思う。
「9人目のフォワード」って異名はかっこいいよねぇ。
私もそういうの欲しいな。
4人目のチャーリーズ・エンジェルとか。

ともかく、最後の最後まで、それこそ80分を過ぎても勝敗がわからない大接戦。
ほとんどの時間をウェールズは14人で戦っていたなんて信じられない。
最後までチームがひとつにまとまって、俺たちは勝ちに行くんだぜって気持ちが出ていてすばらしかったです。

試合後、フィールドに膝をつく選手たち。
死力を尽くして戦った彼らに拍手!!


ニュージーランド×アルゼンチン [ラグビーワールドカップ2011]

アルゼンチンの堅固なディフェンスに前半苦戦しましたが、結局はオールブラックスが強さを見せつけるという結果になりましたね。

一番の注目はダン・カーターの不在という大きな穴をどう埋めるのかという点でしたが、なるほど、カーターの役割をスタンドオフとプレイスキッカーという二つに分けたわけね。
これは正解だね。
コリン坊やにすべての重責を乗せるのは酷だし、ウィップーをスタンドオフにという声もあるようだけれど、それはそれで重すぎる気がする。本職はスクラムハーフなんだし。
で、スレイドがスタンドオフでウィップーがキッカー。
妥当なところじゃないでしょうか。
ゲームメイクはどちらかと言えばウィップーの役割になっていて、本当に良い活躍でしたね。
キックも安定していたし。
私も思わずman of the matchに投票しちゃったよー。
これからの試合は外せないだろうね。
しかしコリン坊やは前半早々に怪我で交替していたけど、大丈夫なのかな?
次の試合出られるんだろうか?

オールブラックスはなかなかトライが取れなくて、ニュージーランド人のファンは相当やきもきしたでしょうね。私でさえモヤモヤしたもの。
しかし最後は珍しいブラッド・ソーンのトライも見られたし良かった良かった。

足(膝?)の痛みを堪えての出場というリッチー・マコウが心配ですが、キャプテンが決勝までもってくれることを祈っております。

そしてムリアイナ100キャップおめでとう!
日本のトップリーグで待ってるよーー。


南アフリカ×オーストラリア [ラグビーワールドカップ2011]

観ているこっちまで疲れるような試合でした。
終始、体のどこかに妙な力が入っちゃって、もう……。

不思議な試合でしたね。
初めからゲームをコントロールしていたのは南アフリカで、オーストラリアは終始劣勢に立たされていたのに、あの執拗な波状攻撃を守って守って守りきっての勝利。
なんとも妙な気持ちになる試合結果でした。

南アフリカはトライのチャンスが何度かあったのに自らのミスでふいにするというパターンで本当にもったいなかった。
逆にオーストラリアはあれでよく勝てたなという感じで。。。

スタッズを見ると南アフリカが圧倒的なんだけど、ターンオーバーの数だけはオーストラリアが勝っているのですよ。
やっぱり勝敗を決めるのはブレイクダウンなのか。
ブルソーが早々に抜けたのは痛かったね、南アフリカ。

もうちょっと南アフリカの試合を観ていたかった。残念。
前回大会の王者、準々決勝で敗れる。
お疲れ様でしたー!


イングランド×フランス [ラグビーワールドカップ2011]

やってくれたね、フランス!
プール戦の結果を見ればイングランドの方が断然調子が良さそうで、順当に行けばイングランドの勝利と思われましたが、そこをひっくり返して波乱を起こすのがこのフランスというチームです。
誰も予測がつかないと言われる意味不明チームの真価が発揮されました。
最初から押せ押せムードで、どうしちゃったの、フランス!?
後半ちょっと気が緩んだかミスやペナルティが多くなっていくムラっけがまたフランスらしくて面白かった。
トラン=デュクの満を持してのドロップゴールもさすがフランスの伊達男。
隅から隅までフランスらしい試合でした。
そして準決勝であっさり負けるのがまたフランスらしかったりもするのですが。

今日の試合はどちらもプール戦2位のチームが1位のチームに勝利するという結果に。
ここまでくると力の差なんてほとんどないんだろうな。

明日は準々決勝一番の注目カード、ワラビーズ×スプリングボクスがあります!
もちろん我らがオールブラックスも登場!
うおーうおー、興奮し過ぎて鼻血出そう。
あー、楽しみだなー。


アイルランド×ウェールズ [ラグビーワールドカップ2011]

いよいよ始まりました、決勝トーナメント!
今週末は注目カードが目白押しでもう大変。
楽しみではあるのだけれど、もうすぐ終わってしまうのが寂しくもある。

さて第1戦目。
もっと激闘になるかと思ったけど、意外と地味でしたね。
プール戦一番の番狂わせを見せてくれたアイルランドだけど、今回はエンジンが回りきらない感じでした。

う−ん、特に感想もなく終了。
私、北半球ラグビーって好みじゃないのかも。


イタリアのジャージ [ラグビーワールドカップ2011]

イタリアの試合について書くことはないのだけれど、ジャージについてどうしても一言、言いたい。
あの無駄にセクシーさを出そうとしているとしか思えないつやつやストライプはなんなんですか。
さすがイタリアの伊達男たち。
愛すべき国です。


ニュージーランド×カナダ [ラグビーワールドカップ2011]

こう時間が経ってしまうと感想を書くのも今更かなと思うけど、これは私の備忘録も兼ねているので気にせず書きます。

ニュージーランドはかなりメンバーを入れ替えて来ましたね。
キャプテン・リッチー、ノヌーはリザーブにも入ってない。
メアラム、ソーンは先発じゃない。
かなりの戦力温存です。
そして今思えばこの時すでに重篤な負傷をしていたカーター。
スレイドはもしかしたらカーターが完全に戦線を離脱するかもしれないからお前代わりに頑張れよって言われていたかもしれないね。
例え負けることがありえない格下チームが相手とはいえ、そりゃ重いわー。

後半、どんどんメンバーを入れ替えていったところは不思議な配置で面白かったね。
これを見ていて日本戦から抱えていた謎がようやく解明されました。
本来スクラムハーフのウィップーがコリン坊やの代わりにスタンドオフのポジションへ入って、じゃあ坊やはどこへ行ったの?と思ったらウイングですか。そうですか。そうなるんだ。
ていうか、ポジションなんてどこでもいいからとにかく坊やに経験を積ませたかったんだろうね。
つぶれんなよ、コリン・スレイド!君が次世代のオールブラックスを担って行くんだぜ!

ブラッド・ソーンは頭に白いの巻かない方が男前だなーとか。
ウィップーは熊のぬいぐるみみたいでかわいいなーとか。
そんなことを思いながら観ていました。

一方のカナダは総力戦。すべての力を出し切るぜ!
いいねー、いいよねー、カナダ。
彼らの戦いぶりは見ていて本当に気持ちいいです。
最終的なスコアを見るとかなりの点差になってしまったけれど、最後までガタガタになることなくチームとしてまとまっていたのがすばらしいと思います。
結局オールブラックスの個の力で突破されてしまうんだけど、チームとしての戦いぶりは悪くなかったよね。
同じ負けであっても、この戦いぶりを見せてもらえばファンは満足なんじゃないかな。
よくやったぞ、カナダ!次の大会も楽しみにしてるよー!

さてさて、なにやら暗雲立ちこめるオールブラックス。
相変わらずお強いですが、なんとなくチームとして綻びが出てきてしまっているような。。。
ファンとしてとても心配です。
アルゼンチン戦はまあ大丈夫だろうと思うけど、無事に勝ち抜けば次は南アフリカかオーストラリアと対戦します。(私の予想では南アフリカだ)
ガチの本気勝負。激闘が予想されます。
ちょっとしたことが勝敗を分ける。
重圧のかかるオールブラックス。司令塔のカーターはいない。
おおお、どうなる~~~?
まずは今週末のアルゼンチン戦の戦いぶりを見守ろうと思います。

試合としてはスプリングボクスとワラビーズの方が面白そうだけど。


前の10件 | - ラグビーワールドカップ2011 ブログトップ