So-net無料ブログ作成
検索選択

スカイ・クロラ [映画]

けめこにやたらと勧められていたスカイ・クロラをようやく観た。

うーん……。
ごめん、けめこ。
私、これ、好きじゃないわ。すまーん。

アニメーションの美しさと迫力とキャラクターデザインの味わいはさすが。
でもねー。
なんかすごーく自分に酔ってる感じがするんだよねー。
私は原作を読んでいないので、それが原作に由来するものなのか、監督に由来するものなのかは分からない。
ただ、この映画の根底に流れる価値観とか美学がクサくって、正直、ひえー勘弁してくれーって何度も思っちゃった。これは多分、原作に由来する。
あとは押井守特有の説教臭さ。これが監督の魅力でもあるのは分かるけど。
キャラクターの語る「生きる実感」「戦争と平和」「巡り続ける運命の輪」などに関するお説は、なんかどっかで聞いたことあるような言葉ばかり。あー、はいはい。今更改めて言われんでも分かってます。
これはどっちに由来するのかわかりませーん。

原作と読み比べて、監督がどういう解釈をしてこの映画を作ったのか見てみたい気もするけれど、これに関しては、はなっから原作を読む気がないので、読みませんよー。

3/4くらいまでイライラしつつ観て、ようやく「ああ、そういう話なのね」って分かって、テーマとしては「百年の孤独」と似たようなもんなんじゃないの、と思いながら最後までなんとか観ました。
正直、観なくても良かったなと思います……。

しかしこれに関しての評価は個人的な好みに非常に左右されるものだと思います。
クオリティは間違いなく高い。
あとは好きか嫌いか。それだけです。

あ、メカニックのママは好きです!
ていうか基本的にメカニック大好きです!
つなぎを来た熟練メカニックのおっちゃんとかちょーモエです!!!


やじきたかもめ [映画]

本日は映画DVDを二本立てで観ちゃった。

一本目は「真夜中の弥次さん喜多さん」。
はちゃめちゃで訳わかんないんだけどなんとなく最後はちゃんと落ち着くところに落ち着いてる、しりあがり寿風味がちゃんとそのまま残ってるのがすごいと思った。
キャストも豪華だしねー。
長瀬と七之助が割りとディープにキスしてるのが(しかも二回も)意外に衝撃的だった。私はホモ漫画とかホモ小説とかたまに読むことがあるけど、リアルの迫力はまたちょっとちがうなぁ。

二本目は「かもめ食堂」。
「めがね」が面白かったので、遡ってこっちも観てみた。
いい。いいよ。
私も北欧で暮らしてみたくなった。
着たい服を思いきって着て、行きたいところへ行って、やりたいことをやって。
そしてちゃんと作ったおいしいご飯を食べたいなぁ!