So-net無料ブログ作成

第十四回COREDO落語会 [落語]

第十四回COREDO落語会に行ってきました。
昼夜居続けです。

少し早めに着いて、近くのお手頃なシンガポール料理の店でラクサっちゅー麺をいただく。
味の半分がココナツミルクで、3割が辛さで2割が塩気って感じでした。
米粉麺は結構太い。ちゃんぽん麺くらいある。
悪くはないが、また食べたいというほどでもないかなぁ。

で、落語。

前座はきいちさんの「金明竹」。
今風のなかなかのイケメンですね。

続いていきなり一之輔さん登場。
ネタは「青菜」です。
タガメの嫁が押し入れから出てくる恐怖!
さすがの一席でした。

すでにだいぶお腹いっぱいのところにダメ押しの喬太郎さん。
ネタは「お菊の皿」。
お菊アイドル伝説。
なんというか、こういうSFというかほとんど妄想の世界がリアルに語られる落語の世界って本当に素晴らしいと思うのよ。

トリは花緑さん。
休憩を挟んでいるとはいえ、勢いのあるエース級二人が続いた後って、さぞややりにくかろうと気の毒になります。
「中村仲蔵」はじんとくるいい噺ですが、花緑さんはちょっと説教臭いね。。。

以上で昼の部終了。
日本橋三越の地下で急いで買い物をして、ゆっくりお茶する間もなく夜の部へ。

前座はひしもちさんの「元犬」。
これもファンタジーな話だよね。

そんでもって昼夜お疲れ様ですの喬太郎さんの「小言幸兵衛」です。
よくしゃべる大家です。
仮定の話がだんだんと事実にすり替わっていきます。
営業やったら相当成績がいいと思います。

続いて白酒さんの「付き馬」。
これまただんだんとそんな気がしてくる系の口のうまさ。
こっちは営業っていうか詐欺師だね。

トリは権太楼さんの「不動坊火焔」。
浮かれた男のふろ場での妄想っぷりがいい。
後半のチンドン屋のけなげさよ。

昼も夜も豪華な顔ぶれで、どっちも聞きたい! と張り切って行ったのだけれども、やはり昼夜通しは私の集中力がもちませんでした。
それぞれ別の日に昼の部で聞きたかったなぁ。もったいない!
地方から上京する身としては夜ではなく昼にやってほしい。
終わるころには三越閉まっちゃうんだものー。


コメント(0) 

小三治独演会@日本橋 [落語]

小三治師匠の独演会に行ってきました。
お久しぶりでございます。

まずは、はん治師匠の「子ほめ」。
もしかしたらはん治師匠の古典落語を聞くのは初めてかもしれない。

続いて小三治師匠の「野ざらし」。
八五郎が釣りをしながら女の妄想をする場面がいいよねぇ。
周りの冷ややかな目が効いてるんだよねぇ。

仲入り後、再びの小三治師匠はひたすらしゃべる。
話題があっちへ飛び、こっちへ飛びしてひたすらしゃべる。
なんかもう、小三治師匠くらいになると、何を話しても味がある。
その姿を見ているだけでなんかいい。
と、たぶんみんな思ってる。
最後、「ちはやふる」をやって終了でした。

いきなり初めての人が来ると面食らうかもね。

以下、自分のための備忘録。
漱石は三代目小さんが好きだった。小さんが話すと小さんが消えて、登場人物だけがそこに現れる。
これってノンフィクションも同じだよなぁ。
出典を知りたい。


コメント(0) 

鈴本 3月中席 夜の部 [落語]

仕事を休んで上野へ行ってきました。

暖かくなると虫だけでなく、人間もどこからともなく湧いて出てきます。
平日なのに上野公園にはたくさんの人がいました。

私が行ったのは午後3時過ぎだったので、シャンシャンの整理券配布は当然終了しています。
本日は11時で配布終了だったそうです。
タイミングが合えば見てみたいなぁ。

開園前にはここに整理券目当ての遥かなる行列ができるのでしょうね。。。
IMG_2701.jpg

上野公園にはたくさんの外国人観光客がいて、ナニ桜か知らないが早咲きの桜を背景に熱心に写真を撮っていました。

少し時間があったのでカフェでパンケーキとカプチーノを頼んでみた。
IMG_2704.jpg

ふわふわパンケートということでおすすめされたのだが、食感はふわふわというかもっちり。
パンとかケーキの感じはまったくなく、歯ごたえはむしろウイロウとか求肥に近い。
これは、あれだね、失敗作だね?
味は悪くないのでそのまま食べましたがなんだか腑に落ちない。

お皿を下げに来たマネージャーらしき人に「多かったですか?」と声を掛けられたので、量の問題じゃねぇよ、と心の中でツッコミを入れつつ思い切って「あの、ふわふわパンケーキって聞いてたんですけど、ふわふわというか、もっちりですね」と言ってみたら「もっちりでしたか。ありがとうございます」と流された。
私としては感想を述べたのではなく、遠回しに不信感を表明してみたのだけれども……まあいいか。

この店には以前にも一度入ったことがある。
その時一緒だった人は彼氏と別れる寸前の状況でそのことで頭がいっぱいだったので、私が何を言っても上の空で話はすぐに彼氏のことに戻ってしまい、彼氏はあきらかに心が離れている状態で彼女もそれはわかってはいるのだけれども意地で別れたくないといった感じで「どうしたらいいと思う?」とか聞かれたって、心が離れちまったもんはしょうがねぇだろ、さっさと別れろ、と思いながらピザを食ったことを思い出した。

どうもこの店とは相性がよくないらしい。
悪い店ではないんだがなぁ。
三度目の正直はたぶん、ない。

で、別に私はういろうパンケーキを食べに上野へ来たのではなくて、鈴本へ落語を聞きに来たのでした。
夜の部は白酒師匠の25周年記念公演です。
ちょうど芸術選奨新人賞を受賞されたところで、とてもタイムリーですね。
等身大パネルも置いてありました。

IMG_2705.jpg

前座は乃ゝ香ちゃんの「子ほめ」。今日も可愛かったが、前髪がすごくジャマそうで気になるから止めた方がいいと思うぞ。

志ん吉 「不精床」
アサダ二世 奇術
志ん陽 「代書屋」
燕路 「あくび指南」
正楽 紙切り
白鳥 「座席なき闘い」
馬石 「鮑のし」
ぺぺ桜井 ギター漫談
百栄 「桃太郎」
扇家社中 太神楽曲芸
白酒 「幾代餅」

白酒師匠はやっぱり面白かった。
清蔵の声が変わるのは独自の演出なんでしょうか。あれ、すごいおかしくて好き。
大笑いするおかみさんと親方を見ていると、なんだかこっちまで腹を抱えて笑った気になります。
笑えて最後はすっきり気分が良くなるいい噺でした。

土日も行きたいなぁ。
でも5時半開演8時40分終演は遠方からはちょっとしんどいのよ。


コメント(0) 

鈴本 正月二之席 昼の部 [落語]

久々に寄席に行ってきました。
12時開場となっていますが、私が到着した11時半頃にはすでにお客さんを入れ始めていました。
一之輔さん人気ですねー。
立ち見も出る満員御礼でした。

前座の乃ゝ香ちゃんは現役の大学4年生だそう。しかもカワイイ!
ネタは「元犬」でした。

一蔵 「猫と金魚」
若くてきれいな塾長の話が面白かった。

ダーク広和 奇術
衣裳の印象がだいぶ変わりましたが地味面白いのは変わらない。

はん治 「妻の旅行」
たまんない。おかしい。大好き。人形のくだりが特に好きです。

馬玉 「幇間腹」
鍼は抜けたのだろうか……。

米粒写経 漫才
47都道府県ネタがすごい。

三三 「釜泥」
だいぶ正蔵&三平兄弟をネタにしていましたが、きっと仲良いんでしょうね。

歌武蔵 相撲漫談
相撲ネタが豊富なこのご時世、どこまでホントかわからないけど面白いからいいんです。

のだゆき 音楽
独特の雰囲気ですよね~。なごみます。

燕路 「安兵衛狐」
夜だけ現れる美人で若いかみさんというのは男のロマンではあるまいか。

ニックス 漫才
どういう事情か知らないが、あっという間に引っ込んでしまった。

歌司 漫談
師匠絡みの漫談でした。

扇遊 「たらちね」
頭のいい女はモテないという話(たぶん違う)。

二楽 紙切り
初めてのご注文かもしれない、という帆船が見事だったなぁ。

一之輔 「味噌蔵」
番頭さんのフィーバーぶりがもうたまらない。

大変楽しい時間を過ごせました。
夜の部も喬太郎さんが主任で面白そうなんだけど、ぶっ続けはさすがにしんどいのでおとなしく帰りました。
そして風邪をもらいました。
ゴホゴホ。



コメント(0) 

喜多八師匠 [落語]

柳家喜多八師匠の訃報を新聞のお悔やみ欄で知りました。
とてもとても、とても残念です。

66歳とまだまだお若かったので、高齢の大御所のように「いつまで聞けるか分からないから今のうちに……」という心構えがまったくなかったし、落語会の予定もたくさん組まれていたようなので、まさかこんなに早くに亡くなってしまうとは思いもよりませんでした。
病弱ネタでよく笑いを取っていましたが、本当にお体が弱かったのですね。。。

好きな噺家さんはたくさんいますが、喜多八師匠は私が最も多く落語を聞いた噺家さんでした。
これからさらに年齢を重ねて、古典の名手としてますます磨きがかかっていくのだろうなぁと楽しみにしていたのですが。

渋〜い声のお役人とか、調子がいいけど憎めない男とか、ホント絶品でした。
喜多八師匠との出会いの一席、「あくび指南」をもう一度聞きたかった。

ご冥福をお祈りいたします。
ああしかし、それにしても、残念でならないのです。



落語教育委員会 in 鈴本 [落語]

鈴本の落語教育委員会に行ってきました。

以下、単なる備忘録。

緞帳が上がって羽織袴の3人が並んでいる。
とざいとーざーいーー
と、口上が始まるのかと思いきや、唐突に「恋するフォーチュンクッキー」が流れ出す。
おもむろに踊り始める喬太郎師匠、歌武蔵師匠。
真ん中の喜多八師匠はじっと耐えるような表情で座ったまま。

体の大きなお二人は実に楽しそうに踊ってらっしゃる。
私も以前に機会があってこの踊りを覚えたけれど、私より断然うまい。
さすが芸人さん。たしか噺家さんは日本舞踊のお稽古もするんですよね。

喜多八師匠はなんで踊らなかったかと言うと、覚えてこなかったんですって!
宝塚好きなのにねー。(関係ない?)

鏡太さん
「熊の皮」

喬太郎師匠
「あのころのエース」

歌武蔵師匠
「後生鰻」

喜多八師匠
「文七元結」


文七元結は歌舞伎で何度も観ていて(落語が元ですが)、話をよく知ってるはずなのになかなか題名が出てこなかった。
左官の長兵衛がからっけつになって帰ってきて、お久がいない、というところで、私の頭には菊五郎演じる長兵衛が女房のずるずるの着物を着て行く姿やら、女房が枕屏風から頭だけ出している姿やらは鮮明に頭に浮かぶのに、何の話だったか一向に出てこない。
吾妻橋で身投げの若い者が出てきたところでようやく「文七元結」だと分かる始末。

ともかく。
後味の良い、気持ちのいい噺です。
喜多八師匠で聞けてよかった。

帰りにはこんなのが出てました。
DSC_0044.jpg




鈴本9月中席夜の部 [落語]

大好きな喜多八師匠がオオトリということで行ってきました。
以下、単なる備忘録。

前座 あんこ 「初天神」
こみち 「旅行日記」
和楽社中 太神楽
圓十郎 「目薬」
一朝 「短命」
小菊 粋曲
琴調 「清水次郎長伝 お民の度胸」
百栄 「さんま家事」
大空遊平・かほり 漫才
燕路 「ろくろ首」
ダーク広和 マジック
喜多八 「盃の殿様」

旅行日記は喜多八師匠で聞いたらさぞやおかしかろう。
百栄さんは新作の方が面白いね。
喜多八師匠は近いものなら毎日でも通いたいです!

しかし、緞帳がなかなか上がらないのはともかく、最後の最後に緞帳がドサーっと落ちてきたのにはおったまげました。
喜多八師匠が一番肝を冷やしたよね。。。
一歩間違えれば命に関わるものー。
師匠に当たらなくて本当に良かったです。




鈴本 十一月中席昼の部 [落語]

仕事をさぼって鈴本へ行ってきました。
平日の昼間ですので、当たり前のように若い人はあまりいないです。

以下、ただの備忘録。

さん坊 「真田小僧」
喬之進 「仏馬」
和楽社中 太神楽曲芸
文菊 「金明竹」
文左衛門「目薬」
ホームラン 漫才
志ん輔 「宮戸川」
小ゑん 「鈴木係長の昼食(?)」
小菊 粋曲
喜多八 「うどん屋」
アサダ二世 奇術
甚語楼 「権助芝居」
扇辰 「雪とん」
ペペ桜井 ギター漫談
喬太郎 「花筏」

久々に喜多八師匠が見られて嬉しかったです。



鈴本 十月上席夜の部 [落語]

興福寺仏頭展に続いて、鈴本へ行ってまいりました。

小三治師匠が大トリということで、平日にも関わらず開場30分前にはすでに30人くらい並んでいました。
でも実際には席はまだまだ余裕があったので、どうしてもお気に入りの席に座りたいんだ! という方以外は早めに並ばなくても大丈夫だと思います。
ただし、昨年の経験からすると土日は立ち見も出るくらいだと思うのでご覚悟ください。

以下、備忘録。

まめ緑 「桃太郎」
正落 紙切り
扇遊 「権助芝居」
三之助「堀の内」
小菊 粋曲
小燕枝 「かぼちゃ屋」
ロケット団 漫才
馬石 「火焔太鼓」
夢葉 奇術
小三治 「野ざらし」

馬石師匠の高座はたぶん初めて聞いたのですが、結構好きかも、と思いました。
なんだろう、表情がいいのかな。

小三治師匠は延長戦を覚悟して(というか、期待して?)臨んだのですが、逆に予定よりも早く終わってしまって残念。
歯医者の麻酔が残っていたせいでしょうか。。。
マクラが短かったよねー。
噺は調子のいい男の妄想部分が本当におかしい。
妄想男の上手さは喜多八師匠に受け継がれてるよねー。
そんな妄想男にほっぺをつねられて「痛い。痛いよ」の釣り人がかわいいったらない。
ああもう、なんでこんなにかわいいんだろうね、小三治師匠は!

小三治師匠の噺をもっと聞きたいし、代演は喜多八師匠なので、毎日だって通いたいくらいです。


二月鈴本上席夜の部 [落語]

国立博物館の後は、鈴本演芸場へ。

以下、ただの備忘録。

前座さんのお名前忘れました。ごめんなさい。ネタは転失気だったと思います。

天どん 「新作(ひきこもりと節分の話)」
ひびきわたる
菊志ん 「あくび指南」
白鳥 「新作(看護師の話)」
ペペ桜井
室井琴調 「徂徠豆腐」
文左衛門 「寄合酒」
ホームラン
扇好 「紙入れ」
ダーク広和
百栄「新作(猫のえさ場争いの話)」

主任が百栄さんだから、新作が多かったね。
百栄さんは前に聞いた、昭和の名人の風情が漂う少年の話がツボだった。
今回の猫の話もまあ面白かったけど、さほど猫好きではない私のツボには入らなかったなぁ。
でもたくさん笑って満足です!

こうして一日で3万円を散財して、充実の1日は終わったのでした。