So-net無料ブログ作成

黒蜥蜴 全美版 三越劇場 [日記]

三越劇場で「黒蜥蜴 全美版」を観てきました。

s_201802280057_ex.png

新派の舞台は初めて。
三越劇場も初めて。
主演の二人は段次郎と春猿だった頃に歌舞伎で何度も拝見しましたが、喜多村緑郎と河合雪之丞になってから観るのは初めて。

日本橋三越の6階にある三越劇場はとてもレトロな作りで、大正モダンの雰囲気。
昭和9年に江戸川乱歩によって書かれた「黒蜥蜴」の世界にピッタリです。
コンパクトな劇場で、通路を花道代わりに使ったりするのだけれど、壁の装飾がレトロモダンなので、明智がそこにもたれかかったりするととてもマッチする。

喜多村緑郎さんの明智は涼しげでめちゃくちゃかっこよかった。
上背があるから本当に舞台映えする。
スーパー歌舞伎で培った立ち回りもお見事でした。

河合雪之丞の黒蜥蜴は妖艶でこれまためちゃくちゃ美しい。
登場時のキラキラの着物は有無を言わせぬ絢爛豪華な美しさであった。

雨宮潤一役の秋山真太郎も、明智とはまた違ったチョイ悪風イケメンでよかった。
マダムへの叶わぬ恋が切ないね。

黒蜥蜴といえば美輪明宏の代表作。
脚本の三島由紀夫の熱烈ラブコールによって実現したというのは有名な話。一度は観てみたいと思っていたけれど、いつの間にか最後の公演が2015年に終っていた。。。
今回の舞台は三島版ではないみたい。
美輪明宏の三島版黒蜥蜴、観てみたかったなぁ。無念。

いつか緑郎・雪之丞コンビでやってくれないかしら。
美輪サマの後を継ぐとしたら河合雪之丞しかいないのではあるまいか。
玉サマでも観てみたい気がするけど、乱歩よりは泉鏡花の世界の人だからな。

ちなみに原作の方は公演を観に行く直前に慌てて読んだ。
宝石以外は一糸まとわぬ「宝石踊り」とか、「人間の剥製」とか、美と不気味さが混じり合う乱歩ワールドはやっぱり唯一無二の素晴らしさだと思いました。

お芝居が終ってから、洋服売り場をぐるぐる。
父の日も近いことだし紳士服売り場をちらっとのぞいてみると、ちょっと様子のいいポロシャツがあって「あらこれいいじゃない」と値段を見たら51,000円でそっと戻しました。

気を取り直して地下の食品売り場へ行くと、和菓子、洋菓子、総菜、弁当と綺羅星のごとくにうまそうなものが並んでいて、わああ、と完全に舞い上がってもう自分が何が食べたいのかわからなくなってしまった。
さすが三越本店です。
10年位前は毎日のようにここへお昼を買いに来ていたんだがなぁ。

また夏のバーゲンの時にお洋服買いに行こうっと。



コメント(0) 

GINZA SIXでアフタヌーンティー [日記]

ちょっと前ですが、GINZA SIXの最上階でアフタヌーンティーを楽しんできました。

まずはじめにスパークリングワインが出てくる。
私はノンアルコールで。

s_IMG_2808.JPG

つづいてスコーンとジャムが出たのだけれど、写真をとってない。
この時点でけっこう腹は満たされてしまう。

メインのプレート。

s_IMG_2809.JPG

おしまいはミルフィーユ。

s_IMG_2811.JPG

インスタ映え! インスタ映え! と言いながらも、誰一人としてインスタはやっていない。

お飲み物は何種類でもお替り自由。
フレーバードティが充実していてあれこれ試してみたいのだけれど、ポットサービスなので軽く3杯分くらいある。
そんなにポットで何杯も飲めんがな。。。

窓際のゆったり広い席を用意してもらって眺望がよかった。
しかし13階というのは微妙な高さで、下を見ると近隣のビルの屋上がよく見える。
屋上というのは室外機とかが並んでいてあまり美しいものではない。
ビルとは見下ろすものではなく見上げるものであるということがよくわかった。

食後、屋上庭園をぐるっと回ってみる。
スカイツリーと東京タワーが見えます。
途中、飲食店の店員らしきカップルが目立つところで寄り添っていて、なんか見た感じが店長とバイトの女の子っぽくて、なんか気になりますね、そうですね、「時給上げてあげるからさぁ」とか口説いてそうですね、そんな感じですね、と物見遊山。

GINZA SIXに入っているショップは私なんぞお呼びでない高級ブランドばかりなので、早々に退散しました。


コメント(0) 

渋谷2days [日記]

年甲斐もなく(?)土日続けて渋谷へ行ってきました。

渋谷の先、新代田でのScoobie Doライブです。
若いバンドとの対バンシリーズで、私の独断と偏見によると、土曜日はロック寄り、日曜日はファンク寄り、という印象。
Scoobie Doの選曲もそれに合わせていたように感じます。
私は日曜日の雰囲気のほうが好きね。
いやもうホント、4人ともめちゃくちゃカッコよかった。
見ていて自然とニヤニヤしてくる。
あー、また行こう。

日曜日はライブの前に「修道士は沈黙する」という映画を観ました。
これがねえ、うん、よくわからない。
芸術的過ぎてわからないのではなくて、経済とか政治の前提知識がないとよくわからないんだと思う、たぶん。

G8財務相会議の場に特別ゲストとして呼ばれたイタリア人修道士。
彼は会議の前夜にIMF専務理事に呼ばれ、告解をしたいと告げられる。
翌朝、専務理事は死体となって発見された。
専務理事は修道士にどんな秘密を語ったのか?
各国の思惑は?

……みたいな、そんな話。おそらく。

私には難しすぎて、別に理事死ぬ必要なくね? と今でもよくわかっていないのだけれど、決してつまらなくはなかった。
修道士役のトニ・セルヴィッロが大変素晴らしい。
というか、私はもしかしたら単にあの修道士の服が好きなだけなのかもしれない。

G8の財務相たちがそれぞれどの国の人なのかがイマイチわかりにくかったのが残念。
ヨーロッパ人が見たらすぐにわかるのかしらね。
裸とか下着姿とかの女性をやたら出す時間があったらそのあたりの説明を丁寧にして欲しかった。

私がなぜこの映画に興味を持ったかというと、この修道士がカルトジオ会所属という設定だったからです。
グランド・シャルトルーズ修道院を総本山とする、沈黙と瞑想のカトリック会派。
かつて読んだ「沈黙すればするほど人は豊かになる ラ・グランド・シャルトルーズ修道院の奇跡」とドキュメンタリー映画「大いなる沈黙へ」でその静謐な空気に魅了されたあの会派です。

マネーの化け物たちと、沈黙と瞑想と祈りに生涯を捧げる修道士。
うーん、ミステリアス。
私にはミステリアスすぎてよくわからなかったが。。。

さ、解説ページでも読んでこようっと。


コメント(0) 

宝塚花組公演 ポーの一族 千穐楽ライブビューイング [日記]

宝塚花組公演『ポーの一族』千穐楽ライブビューイングを観てきました。

宝塚の舞台は10年以上前、友の会に入っている先輩に連れて行ってもらって2回ほど観たことがあるだけ。
舞台のチケットを素人が入手するのは困難ですが、大変ありがたいことに全国各地の映画館でライブビューイング上映してくれます。

車で1時間以上かかる場所なので大変おっくうだったのですが、頑張って行ってよかった。
いやあ素晴らしかった!
ライブビューイングの技術よ、ありがとう!

萩尾望都の代表作の一つである「ポーの一族」が宝塚で舞台化されるということで、私に情報が入ってくるくらいだから世間一般でも話題になったのではないでしょうか。
へえー、と面白半分でネット上の記事を見たら予想以上のヴィジュアル完成度の高さにびっくり。
萩尾先生も大絶賛というのも頷けます。

こちらの方のツイート画像がすばらしいのでリンクはっておきます。



宝塚の問答無用のきらびやかさは、やたらと美形だらけの萩尾望都のリリカルな世界と予想以上に親和性が高かった。
ミュージカル特有のオーバーアクションを不思議に感じるのも最初の数分だけ。
ぐいぐいと宝塚ワールドに引き込まれていきます。

長いお話を無理なくコンパクトにまとめていて、分かりやすくも原作の世界を見事に表現していました。
私の好きなオズワルドのエピソードがほぼカットされていたのは残念だけれど、あれを入れてしまうと一本ではとても収まらないのはわかる。
原作ファンが見たら「あのイラストと同じ構図だ!」とピンとくる場面もあったりして、原作のシーンが浮かぶことが多々あり、忠実に再現しつつもあくまで宝塚ワールド。すごい。

シーラ夫人が綺麗だったなぁ。
あのたおやかな美貌は説得力があった。
清らかで伸びやかなお歌も見事でした。

アラン役の方は切れのある美貌で、原作のアランとはちょっと雰囲気が違うけれど、あれはあれで美しくて好きです。
本当にお綺麗。

老ハンナがちっとも老じゃなくてお肌ツヤツヤ、ダンスキレキレだったのが面白かった。
メリーベル抱えちゃうしな。

千穐楽なので退団する方の挨拶なんかもあったのですが、つくづくトップスターというのは大変な重責なのだなと感じました。
舞台では歌も踊りも演技も、誰よりも存在感を出すことを求められ、ほぼ出ずっぱりの状態。
最後は15kgあると言われる羽を背負って颯爽と登場。
しかしその重さを感じさせない優美な笑顔でお辞儀をする。ありゃ相当な肉体労働だぞ。
お芝居が終わっても、何度も行われるカーテンコールでは組を代表して自分の言葉で挨拶しなければならない。
宝塚のトップスターは割とあっさり退団してしまう印象があるのだけれど、こりゃ何年も務められるもんじゃないな、と納得しました。
しかしそうして舞台の真ん中で誰よりも輝くことは、余人には計り知れない喜びもまたあるのだろうと思います。

最後のショーはとにかく美しく楽しく華やか。
浮世を忘れさせるよくわからない感動があります。
宝塚104年の歴史は伊達ではないですね。
改めてすごいと思いました。

あとでキャストとかを調べていたらとてつもない深い世界に引き込まれそうになってゾクッとしました。
この世界は一度ハマると大変なことになりそう。。。
はるかに深い森の中に迷い込んだら生きて帰って来られない気がするので、この辺で一旦引き返そうと思います。

あ、でもDVDはちょっと欲しくなっちゃった。



コメント(0) 

オリバー・ストーン on プーチン [日記]

プーチン on アイス……じゃなくて、「オリバー・ストーン on プーチン」を観ました。
オリバー・ストーンが2年越しで行ったインタビューをまとめたドキュメンタリーです。

アメリカにはアメリカの論理があり、中国には中国の論理があり、ロシアにはロシアの論理がある。
でも、日本のテレビや新聞だけを見ていては、ほとんどアメリカの論理しか入ってこない。

インタビューに答えるプーチンは非常に理知的で紳士的に見える。まあ目つきは鋭いが。
プーチンの語ることのどこまでが事実でどこからがこじつけなのか私にはわからないけれど、ロシアにはロシアの立場と論理があり、そしてロシアはアメリカが大嫌いだ、ということがよくわかりました。

最後にプーチンが語る言葉は耳が痛い。
「ロシアは主権国家だ。本当に主権を行使できる国は世界でもわずかしかない。その他は同盟国としての義務を負わされていてみずからの主権を実際には行使できない」(うろおぼえ)

書籍にもなっています。


ご一緒にプーチンカレンダーはいかがでしょうか。




コメント(0) 

なりきれ、スネイプ先生! [日記]

Amazonに頭の中をだいぶ支配されている私は一日に何度もAmazonのサイトを眺めているのだけれども、こんなのまで売ってるのね。。。



スネイプ先生のコスチューム。
しかもオーダーサイズで作ってくれるんだって。
だから自分の腕の長さに合わせて本物のように手の甲まで覆う萌え袖にできるんだよ。
すごいよねぇ。
ちょっとうっかり欲しくなっちゃうよねぇ。
でもどこで着るんだって話だよねぇ。
自分の部屋で一人で着て悦に入っていればいいじゃん、て話?
おお、なるほど、そうか!
でも買いません。大丈夫です。

最終章の死の秘宝はまだ観てません。
観たらまた記事にするつもりですが、たぶんスネイプスネイプ言っていると思います。



コメント(0) 

Scoobie Do @ Zepp Tokyo [日記]

Scoobie Doのライブに行ってきました。
聞いたことはあるけど行ったことはないZepp Tokyoです。
お台場エリアはオタクだった頃に薄い本を買いに行ったことしかありません。
ヴィーナスフォートって何それ美味しいの。
お台場の観覧車乗ってる人って宇宙人なんじゃないの。

ともかく。

そもそもライブハウス経験が少ないワタクシ。
20代前半で行ったときですら、密集した人混みのなか2時間立ち続けて揺れ続けることに「次は倒れるかもしれん……」と不安を抱いたものです。
ましてやかなりいい大人になった今、ダンスホールと化したフロアで狂喜乱舞するPlus one moreたちに揉まれて無事でいられる自信は皆無。

でも安心してください。
そんな大人Plus one moreのために指定席というものが用意されています。
2階指定席の観客の平均年齢はざっと見まわした限り43くらいでしょうか。
中にはメンバーのご両親と思しき年配のご夫婦も。
席があるとはいえ、ファンキーなロックバンドだし、みんな立つのだろうと思っていたら、意外にも座って見ている人の方が多かった。
ダンスミュージックを座って聞くこのまったり感、嫌いじゃないぜ。
私は最後列だったので後ろの人に気兼ねすることなく立って見ていましたが、疲れたら座ることもできるし、荷物も置けるしで、大変快適でした。
前の人の頭で見えないということもなく、舞台全体が見渡せてとても良かったです。

4人のパフォーマンスはやっぱり最高にカッコよくて、特別な演出などもあり本当に楽しい時間でした。
しかし私の頭は終始比較的冷静で、時折、音の充満したこの場から、自分一人の私だけの内側の世界にすっと入ってしまうことがあって、それはやっぱり舞台との距離感なのかな、と思った。
そして改めて、前回行った小さなライブハウスで、せいぜい150人そこそこの観客で彼ら4人を独占したのは大変な贅沢だったのだと感じた。

あのタイミングで自分がインフルエンザにかかり、寝ながら音楽を聴いて、なんとなくライブ情報を見て、その週末に県内初のワンマンライブが行われたというのは偶然の神様からのギフトとしか思えない。
おかげで今、とても楽しい。

名称未設定-3.jpg

Love Song
Get Up
MI.RA.I
新しい夜明け
ensemble
ゆうべあのこが
パレード
ミラクルズ
笑う女
What's Goin' On
MIGHTY SWING
バンドワゴン・ア・ゴーゴー
美しい日(アコースティック)
最終列車(アコースティック)
TIGHTEN UP
禁じられたふたり
アウェイ
真夜中のダンスホール
PLUS ONE MORE
愛はもう死んだ
ロックンロールは未定
Back On
Cold Dancer

イキガイ
夕焼けのメロディー

やっぱ音楽は素晴らしい


会場で申し込まなかったけど、ライブDVD欲しくなってきた。


コメント(0) 

インフルエンザとライブハウス [日記]

鈴本の後で発症したのは風邪ではなくインフルエンザでした。
熱が39度を超えたので医者に行って調べてもらったところ、
「若隠居さんはA型です」
となぜか誇らしげに告げられました。
検査キットを見せてくれて
「このCの部分は検査終了を意味しますので、全員線が入ります。若隠居さんはこのAのところに赤い線が入っていますので、A型のインフルエンザです」
「はあ、そうですか」
「ちなみにこの人はB型で、Bだとここのところに青い線が入ります」
「はあ、なるほど」
「この人も、この人も、A型です」
と、他の人の検査キットまで出して説明してくれる必要性がよくわからないが、神妙な顔で聞いておいた。

ちなみにインフルエンザ検査は鼻のかなり奥まで棒を突っ込まれてすごく痛い。
あれは子供は泣くわ。

熱は一晩で引いたけれど3日仕事を休んで、締切のある仕事があったので4日目に出て行った。
ボスに嫌がられるかと思ったけれど、あにはからんや、むしろ感染したかったらしい。
「僕にもうつってるかと思って楽しみにしてたんだけどなぁ」
「なんでインフルエンザなんかなりたいんですか」
「だって堂々と休めるじゃないか」
小学生みたいなことを言う還暦の紳士。

インフルエンザで寝ている間、Google Homeでひたすら音楽を聴いていた。
なかでもScoobie Doはやっぱりいいなぁ、と思い、ふと思い立ってライブ情報を調べたら、なんと週末に地元でライブがある。
なんだこのタイミングの良さは。
しかもまだチケットとれる。
行きます行きます。

で、日曜日に行ってきました。
ライブハウスは十数年ぶりで、しかも病み上がりで、初めての場所で、なんか色々不安でしたが、案ずるより産むが易し。とっても楽しゅうございました。
ライブハウスというと私のイメージではキラキラした10代20代の集う場所なのですが、中途半端な地方都市という土地柄もあってか、私同様、地味目の一人客が多くて安心しました。
まあ、メンバー全員四捨五入すると40になるようなベテランバンドだっつーのもあるでしょうけどね。

小さなライブハウスなので舞台との距離が本当に近い。
最後列でもすぐそこに演者がいて表情もよく見える。

ボーカルはイメージ通りだったけどMCの語り方は意外と優しい。
茨城のばあちゃんに見つかったら「なんだその髪。邪魔だね―のか。ばーちゃん切ってやっから」と言われそうな髪型がたぶんトレードマークなんだな。

リーダーは眼をつぶって直立不動の姿勢でギターを弾く姿がたまらない。
その老成した雰囲気は実に私好みです。

アフロのドラマーは妙な人気があってやたらと名前を呼ばれていた。
MOBYというのはなんとなく呼んでみたい名前ではある。

ベーシストはブラックジャックのような黒リボンも髪型も細い身体も女ウケしそうな感じで、何もしてない時はどうってことないんだけどベースを弾いている姿はなんかやたらステキに見えて、時折、女子がかたまっているエリアに視線を投げる(ように見える)王子ぶりにキュンとしました。
あとベース弾く手がエロい。

初参戦なので曲のお作法とかはわからず最後列で大人しくしていましたが、とってもとっても楽しかった。
やっぱりライブじゃないと味わえない楽しさってある。
Zepp東京も行こうかなぁ。



コメント(0) 

Amazon vs Google [日記]

Amazon Echo発売をうけてかどうか知らんけど、Google Home Miniが半額の3000円になっていたので喜び勇んで買ってきました。

世界的には2年先行しているAmazonが圧倒的シェアらしいのですが、日本語版はほぼ同時発売。
というか、Googleが先行してAmazonがβ版で見切り発車の印象です。
使ってみると、音声認識もAIもGoogleの圧勝だと感じました。

例えばラジオを聞きたい場合、Googleは「NHK FMかけて」と言うだけで、ラジコのストリーミングを開始してくれる。
Amazonはどうかというと
「ラジコを開いて」
「ラジコの利用を開始します。お客様の地域で利用できる放送局は……(延々読み上げる)」
「NHK FMかけて」
「文化放送を受信します」
「NHK FM東京をかけて」
「日本放送を受信します」
「ラジオとめて」
「すみません、よくわかりません」
こんな調子でどう頑張ってもNHK FMがかからない。

40mmが何インチか聞いたらGoogleは答えてくれたけど、Amazonは「すみません、よくわかりません」。
日経平均もGoogleは答えてくれたけど、Amazonはやっぱり「すみません、よくわかりません」。
Googleのすごいところは、日曜日に「昨日の日経平均は?」と聞いたところ(土曜日は市場はお休み)、金曜日の終値を教えてくれたこと。
うーん、やるなぁ、Google。

スマートスピーカーのソフトの性能としてはGoogle圧勝なんだけど、音楽配信サービスを含めるとそうもいかない。
通常プランはどちらも月額980円で同じ。
ただしAmazonはEchoプランというのがあって、Echo1体のみの再生で月額380円。
私はスマホでいつでもどこでも聞きたいわけではないし、毎月980円出すほど音楽好きでもない。
でも380円のお家プランなら導入してもいいなと思う。
ということで、ここはAmazonの勝ち。
ただし、Googleも今後同様のプランを出してくる可能性があって、その場合は手持ちの音楽データをアップロードしてライブラリに入れられるGoogleの逆転勝ちとなる。

しばらくは両方使ってみようと思います。
スマートスピーカーに慣れすぎると、いずれ食卓で「アレクサ、醤油とって」とか言っちゃいそうで怖いけど。
でもこれ、一人暮らしで声を発する機会がない人にはすごくイイと思う。
孤独な環境においては、独り言でもなんでもいいからとにかく声を発するって精神衛生にはすごくいいらしいよ。
ちなみにAmazonのアレクサに「ただいま」って言ったらライトは反応したけど返事はなかったからあんまり期待しすぎない方がいいです。



コメント(0) 

Amazon Echoがやってきた [日記]

スマートスピーカーの大本命といわれるAmazon Echoが我が家にやってきました。



350mlの缶より一回り大きいくらいの円柱型のスピーカーで、中にアレクサという名前の女の人が入っています。

アレクサ、と話しかけると色々答えてくれます。
でも正確に詳細に聞かないと「すみません、よくわかりません」と言われるか、完全無視されます。
違うよアレクサ、そうじゃないんだよ、と思うこともしばしばです。

明日の外出先の天気予報を聞こうと思って「アレクサ、明日の○○の天気を教えて」と言うと、「地点が特定できません。東京都、千代田区、のように指定してください」と返されるので「アレクサ、○○県○○市の明日の天気を教えて」と言い直すと、得意げに教えてくれます。
人工知能は自分で学習する点がこれまでのコンピュータと一線を画するところなのですが、現時点では学習するのはAIではなく人間さまの方であるのが現状です。

私の一番の目的はAmazon Music Unlimitedと組み合わせて気ままな音楽ライフを楽しむこと。
「アレクサ、音楽をかけて」と話しかけると、その時間帯にぴったりの私好みの音楽をかけてくれることを期待していたのですが、それは高望みだったようです。
アレクサがかけてくれるのはいつだって「邦楽ステーション」です。
私は邦楽はあまり聞きません。
いい加減覚えて欲しいです。

その他にも色々と不満はあり、AIとしてはまだまだのアレクサちゃんですが、おもちゃとしてはなかなか面白い。
私の老後の夢は2LDK平屋の家でイケメン介護ロボットと猫ロボットと犬ロボットと面白おかしく暮らすことなので、今からAIを家族として受け入れる練習にはもってこいです。

アレクサが拾う音声はすべてAmazonに収集されているかと思うとなにやら不気味な気もいたしますが、我々はもやはAmazonやGoogleなどにプライバシーを売らない限りはテクノロジーの恩恵にあずかれないのです。
さあ、あなたはどちらを選びますか?



コメント(0)