So-net無料ブログ作成

殺人犯はそこにいる [本]

「殺人犯はそこにいる」 清水潔




言っとくけどね、文庫Xで話題になる前から読もうと思ってたんだかんね!
と、まずは負け惜しみを言ってみる。
まあそんなこたぁどうでもいいんだが。

久々に寝る間も惜しんで読み進めてしまいました。
衝撃のドキュメンタリーです。

栃木県足利市と群馬県太田市にまたがるわずか半径10キロの地域で、17年間に5人もの少女が殺害または行方不明になっている。
共通点も多く、同一犯の犯行とみるのが自然だが、警察はこれを一連の事件とは見なしていない。
このうちの1件はすでに犯人が逮捕されて服役中。
では残り4件の犯人はどこにいるのか?

日テレの記者である清水さんは独自に地道な調査を始める。
間もなく一人の男が浮上する。これが5つの事件の真犯人ではないのか?
では、今、服役中の犯人は何なのか?
もしや……いやいや、まさか。
だってDNA型鑑定という動かぬ証拠があるのだし……。
でも、もしこれが冤罪だったとしたら…………

当時のDNA型鑑定には問題があり、無実の菅家さんが17年ぶりに釈放されたということはニュースで知っていたが、その背景にこれほどまでに大きな闇が広がっていることは知らなかった。

当時のDNA型鑑定の怪しさ。
結論ありきの警察の捜査と強引な取り調べ。
誤りを認めるどころか全力で隠蔽を図る警察・検察組織。

無実の罪によって10年も20年も収監された人がいる。
それどころではない。
どうやらあの怪しいDNA型鑑定を証拠に、死刑が執行されてしまった人までいると知り、愕然とした。
これは他人事ではない。いつ自分の身に降りかかるかわからない暴力なのだ。

独自調査で真犯人に違いないとされている男の情報は警察に提供してある。
しかし警察は動かない。
組織を守るために。
そして殺人犯はいまものうのうとそこにいるのだ。

このことはテレビでも報道されているし、雑誌にも書かれたし、マンガにまでなっている。
本書が単行本として刊行された時も話題になったし、文庫Xとしても爆発的に売れた。
遺族を含めて多くの人々が真相の解明と真犯人の逮捕を望んでいるのに、警察は動かない。

1人でも多くの人がこの本を読むべきだと思いました。
是非ご一読を。



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。