So-net無料ブログ作成
検索選択

お盆休みに読んだ本 [本]

​お盆休みは特にどこへ行くということもなく、だらだらと本を読んでいました。
とはいえ、読んでやったぜ! という達成感もなく、あっちこっちをつまみ食いして終わった感じです。

ずっと読みさしになっていた中井久夫の「世に棲む患者」を読了。
一般向けもあるが、医療関係者向けの文章が多いので素人にはやや読みにくい印象。
中井先生は精神医学を純粋な科学とはとらえていないようだけれど、一方で代替医療や宗教に対して、否定的とまでは言わないものの、一定の距離を取っているのが印象的だった。

ところで近所の本屋に「中井久夫 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)」が置いてあって、田舎町のさして大きくもない本屋にこういう本が置いてあるというのは捨てたものではないなぁ、と嬉しくなった。
「今読みたい本」ではなかったからその時は買わなかったけど、街の本屋さんを応援する意味で買っておいても良かったかもしれない。

代わりに買ったのが池谷裕二の「できない脳ほど自信過剰」。
かるーく読めて面白かったけど、一つも付箋を貼ることなく読み終えてしまった。
後日、図書館で見つけて少々がっかりした。

丹羽宇一郎の「死ぬほど読書」は「はじめに」と目次だけ立ち読みした。
冒頭で、以前に私も記事にした朝日新聞の投書のことが書いてあった。
本を読むことに否定的な大学生や中学生の意見に対して抱いた感想が似ていて、経済界の大物とは言え、78歳のご老体と同じとは、私の頭も大概かたくなっているなぁと寂しくなった。

「書店員X」は本の内容にはあまり興味がなかったけれど、巻末で清水潔のお勧めする本がどれも面白そうで、このブックガイドのためだけに買ったようなもの。
著者の長江さんが非常に影響を受けたという山田玲司「非属の才能」がKindle unlimitedの読み放題対象になっていたのでパラパラと読んでみたが、ニート経験はあるものの、ひきこもり経験のない私の心にはあまり響かなかった。
「非属」とか「群れない」とか言っている割には、最終的には「変わり者で一匹狼の俺だけど、今はこんなに楽しくやってるぜ」と自分の交友関係や対人スキルを喧伝していることに、不器用な私は混乱してしまう。
以前にこの本に感銘を受けたと話していた職場のおじさんは、腹の見えない二枚舌の狸親父であることを思い出して、なにやら納得した気持ちになった。
「書店員X」自体はまだ読んでいない。
清水潔のブックガイド以外は拾い読みして終わりだと思う。
長江さんのブックガイドにはそれほど食指が動かないが、BLマンガが含まれているのはさすが書店員。

去年買ってずっと積読本になっていた加藤陽子の「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」にようやく手を付けたが、予想外に読みにくかった。
中高生に対する特別講義を本にしたものだから読みやすかろうと思っていたのだったが、この中高生がただの中高生じゃなくて名門私立校の歴史研究会だかなんだかのメンバーなので、私なんぞよりよほど知識がある。
それでもって結局は「先生」による「授業」なのであまり歴史のダイナミックさが感じられず、面白く読み進められない。
でも日清戦争から昭和の戦争までの「勉強」にはなると思うので頑張って読み切ろうと思います。
これからようやく第一次世界大戦です。

加藤先生にてこずった反動で、299円という安さもあり、半藤一利と佐藤優の「21世紀の戦争論 昭和史から考える」を買ってしまった。
対談形式なのでとても読みやすい。
まあしかし、こういう本をさらに面白く読むためには、基本的な歴史を頭に入れておく「勉強」がやっぱり必要なんでしょうなぁ。




コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。