So-net無料ブログ作成
検索選択

シネマ歌舞伎「東海道中膝栗毛〈やじきた〉」 [歌舞伎]

めっきり歌舞伎座には行かなくなりましたが、シネマ歌舞伎で「東海道中膝栗毛〈やじきた〉」を観ました。
お遊びたっぷりの楽しい舞台でした。

染五郎と猿之助の二人が芸達者なのは言うにおよばず、若君と供侍を演じた子役二人が爽やかで可愛らしい。
カジノの支配人・出飛人(デイビッド)を演じる獅童の怪演が印象に残ります。

劇中劇としてやじきたの二人が連獅子を踊るのですが、メイクは間抜けなやじきたのまま、衣裳も紛い物、なのに頭にかぶる獅子の毛と踊り自体は本物、というシュールな絵が何とも言えない。

春猿の女装の艶やかさはさすがの一言に尽きる。


今年も8月歌舞伎でこの二人のやじきたが観られるそうでとても気になりますが、たぶん歌舞伎座には行かないと思います。。。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました