So-net無料ブログ作成
検索選択

ただいまの三国志 [本]

ただいま、吉川三国志は劉備がしれっと蜀へ乗り込んでいったところです。
横光は周瑜が死んで、劉備一味が荊州南部を奪い取るところ。

いやー、吉川周瑜いいね!
今まで周瑜って全然興味なかったけど、今この時点で「三国志で誰が好き?」って聞かれたら周瑜って答えるかもしれない。
「どこが好き?」
「すぐ興奮して血を吐くところ[黒ハート]

完全に孔明にコケにされてますね。
改めて読むと、孔明ってホント性格悪いね!
周瑜のことバカにしすぎだよね。

呉の立場からすると、劉備一味ホントひどい。
赤壁で実際に戦ったのは呉の皆さんなのに、しかも曹操と戦う羽目になったのって劉備のせいなのに、戦利品としての荊州を孔明に乗っ取られ、頼みの綱の大都督周瑜は「おのれ、孔明~~がはっ」って死んじゃうし。
気の毒に……

蒼天航路は荊州に攻め込んできた曹操の大軍から劉備と民衆たちが逃げてるところ。
蒼天劉備は比較的うざくないと思っていたけれど、やっぱりうざいね、この人。

「時の地平線」も同じ辺りで、開戦を説くために孔明が呉に乗り込んでいったところ。
この孔明、正装するとどう見ても女でなぁ……服装も髪型も。
そんでもって曹操が鋭い顔つきのごつい武人で、この二人が戦場で邂逅したりするもんだから、どうしても私にはBASARAの朱里と更紗に見えてしまってなぁ。。。
普段の悩める青年孔明と鮮やかに呉を説き伏せる説客孔明が全然融合してなくて違和感。
ちなみにこちらの周瑜は黒髪長髪の美形でサナトリウム的に血を吐く。見た目には江森孔明、というか小林智美画伯の孔明にそっくり。

近頃スピードが落ちてきたらせん三国志です。



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました