So-net無料ブログ作成
検索選択

十月新橋夜の部 [歌舞伎]

久々に歌舞伎を観に行ってきました。
猿之助奮闘連続公演です。

夜の部は「獨道中五十三驛」で、「市川猿之助十八役早替りならびに宙乗り相勤め申し候」という、まさに猿之助大奮闘の舞台です。
昼の部もこなして、夜もこれだけ動き回って、本当にすごいなーと思います。
芸への想いがハンパない。

猿之助を襲名しているのだから、もちろん先代の路線を踏襲しているのですが、それだけではなくて勘三郎のあの芸達者ぶりも引き継いでいるような気がしますね。
勘九郎・七之助兄弟とともに、若い世代代表としてますます大きく花開いて欲しいと思います。

さて、お芝居の方ですが、大筋はよくあるお家騒動でして、そこに猫の化け物とか、姫君との禁断の恋とか、親の金を工面するため郭に売られる娘とか、弥次喜多珍道中とか、色々ごった煮で面白そうなの全部ぶち込みました、という感じがかえって潔くて好きです。

しばらく観ないうちに米吉くんという可愛らしい女形が育っているし(歌六さんの息子ですか!)、隼人くんはますますイケメンに育ってるし、今回の舞台には出てませんが巳之助くんとか新悟くんなんかもいい味出してるみたいですし、大物の訃報が続いて寂しい歌舞伎界……と思っていたのですが、なんのなんの、楽しみじゃあございませんか!
しかしそれにしたって歌舞伎座のチケットは高すぎるぞ。(今回は新橋だったのでよかったけど)
あれではせっかく若手が育っても、若い観客を呼び込めませんよ~。

さて、お芝居の方に話を戻しまして、澤瀉屋らしいケレンたっぷりの楽しい舞台でした。
海底での立ち回りでは右近さんが舞台上で宙を舞い、猿之助さんは長いアームで客席にせり出してお客さんの頭上すれすれを飛んでいく。
さらに化け猫が空を飛び、本水を使った立ち回りでは客席にも水しぶきがかかる。
これぞ澤瀉屋。理屈抜きで素直に楽しめる舞台でした。


しかし、まあ、なんというか、私は猿之助さんは若手の中では一番好きな役者さんで、その活躍は諸手を挙げて大歓迎なのですが、その……つい数年前までは同じお芝居を主役として演じていた右近さんの心中なんぞを余計なお世話と思いつつも推し量るに、なんとも言えない微妙な気持ちになるわけでして……
それは誰かの悪意とか陰謀とかではなく、そうせざるを得ない様々な要因があるのだろうと推察されるわけですが……
なんとなく、それはそれで切ないなぁ、と思うのでした。
ま、蛇足でしたな。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました