So-net無料ブログ作成

空ヲ刻ム者 [歌舞伎]

久々にお芝居を観てきました。
スーパー歌舞伎Ⅱ「空ヲ刻ム者」です。
タイトルの字面が好きだ。

良かったですよー。
けれん味たっぷりで、これぞ澤瀉屋! といった感じの派手な舞台でした。
そして説教臭さも健在。
これはいいのか悪いのか。。。

亀ちゃん……じゃなくて四代目猿之助はますます脂がのってきましたねー。
この人の、どんなお芝居にも手を抜かない真面目な姿勢が大好きです。
他の観客の皆さんも、帰り道で口々に「すばらしかったわね」と褒めていましたよ。
先代を凌ぐような大役者になって一時代を築いてくれることを期待します!

佐々木蔵之介さんは舞台もドラマも見たことがなく、どことなく女性っぽい二枚目俳優、という認識しかなかったのですが、舞台の上の彼はえらいかっこよかったです。
歌舞伎っちゅーのは、元がたいしてイイ男じゃなくても、二枚目の衣装・化粧で、二枚目っぽい所作で、二枚目っぽいセリフを吐けば、なんだか二枚目に見えてくるという不思議な魔力があるのですが、元が二枚目でスラっとした人がやるとますますカッコイイのですなぁ。
当たり前のことを改めて再認識。
しかし蔵之介さんは歌舞伎の人ではないので、セリフ回しなどは基本的に現代劇風です。
それが歌舞伎役者たちとうまい具合に絡み合って面白いハーモニーを生み出していました。

終盤の二人宙乗りから大立ち回りにかけて、これぞ澤瀉屋ワールド! といった感じで大満足。
宙乗りは、すっかり慣れた猿之助さんと、まだおっかなびっくり感と羞恥心がそこはかとなくにじみ出る蔵之介さんの対比が面白かったり。
高所恐怖症だったら大変だよね、アレ。

立ち回りの中の戸板倒し(向かい合った二枚の戸板の上に一枚の戸板を渡してその上に立ち、黒子が手を離した後、重心を移してゆっくりと横へ倒れて地上に降りる)は古典でも使われる技術だけど、それの逆バージョンで、戸板を使って1階から2階へ飛び上がるアレは初めて見たのですが、あれってスーパー歌舞伎オリジナルなのかしら。
あれすごいわー。
下で戸板を立ち上げる人々と、飛び上がる猿之助との息がピッタリ合ってないとできないよねぇ。

この話は天才仏師が主人公(おそらく円空のイメージがかなり入っているのではないかと。境遇はまったく違うけど)なので、仏とは何か、運命とは何か、人間とは何か、という抹香臭い話が度々出てきます。
そして最終的に主人公は「仏像とは見る人の心を写す鏡である」という結論に至るわけですが、さながらその仏像のように、セリフの一つ一つが、聞く人の心にその人なりの意味で響いてくるお芝居だと思いました。
登場人物たちが迷い、苦しむ中で発する人生に対する問いは、観客の一人ひとりの胸の中にある悩みや迷いとそれぞれに共鳴するはず。
感動する部分、はっとする部分はおそらく人によって違うことでしょう。

単純に楽しむこともできるし、深く感じることもできる、そんな舞台です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました