So-net無料ブログ作成
検索選択

ライフ・イズ・ビューティフル [映画]

世間では泣ける映画上位にランクインする「ライフ・イズ・ビューティフル」。
さあ、ストレスを涙で洗い流そう、とはりきって観たら、いやあびっくり!

この映画が大好きな方、ネタバレが困る方は、ここから先読まないことをお勧めします。



そもそも私はよく喋る調子のいい男が好きではない。
いくら「楽しくて優しい嘘」であっても、嘘をつくのが上手い人間は信用できない。
そのため、始めから主人公にイラッとしながら観ていた。

主人公はドーラという美しいお嬢さんに恋をする。
ドーラはお金持ちのお嬢様で、小学校教師。
……この時代、お金持ちのお嬢様が小学校教師なんかするかなぁ??
いや、知らんけども。私はこの時代にイタリアに住んでたことないから知らんけれども。

婚約者からドーラを略奪して結婚。可愛い男の子もできました。
幸せな一家でしたが、ファシズムの闇が忍び寄ってきます。
突然、主人公と息子はユダヤ人であるという理由で強制収容所へ連行される。
ドーラも後を追って収容所へ。
息子を心配させないために、主人公は必死に嘘をつきます。
「これから遠足へ行くんだ。行く先は秘密だよ。その方が楽しいだろ?」
収容所へ到着して、主人公は言います。
「これはゲームなんだ。1000点とって一番になったら戦車をもらえるんだ。すごいだろ?」

規則を説明するから分かる奴は通訳しろ、というドイツ兵に、ドイツ語がわからない主人公はそれを買って出る。
そして身振り手振りを真似しながら、息子に対してゲームのルールを説明します。
ママに会いたいと言わないこと。泣かないこと。……などなど。

まあね、これはこれで映画のシーンとしては楽しいかもしれませんよ。
でもねー、無理ありすぎでしょ。
いくらフィクションだからって、ここまでウソくさいと面白いとは思えません。
さすがに気付くでしょ、「アホなドイツ兵」だってさ。

主人公は息子をだまし続け、ドイツ兵に見つからないように隠し続けます。
…そういうことも、もしかしたら、あったかもしれない。
でもねー、私がいくつかの本やマンガで読んだ強制収容所は、4,5歳の男の子を匿い続けることができるような生易しい場所ではなかったですよ。
そもそも、収容された時点で、子供と大人は隔離されるんじゃないかなぁ。

少ない食糧で強制労働させられ、やせ細っていく大人たちを見て、いくら子供でもゲームじゃないってことは分かるはず。
子供って大人が思っている以上に色んなことを敏感に感じ取っています。
この歳の男の子が気付かないはずがない。
これはあまりにも子供をバカにしている。

さらにはドイツ人をもバカにしている。
子供が一人紛れこんでいて、気付かないわけないでしょー。
いくら「アホなドイツ人」であっても。
「あの時代のナチスドイツ兵」をバカにしているのであって、現在のドイツ人をバカにしているつもりはない、って言うかも知れないけど、ドイツ人が見たら気を悪くすると思うなぁ。
あまりにも見え見えなんだよ。
賢いユダヤ人 vs アホなドイツ兵 っていう対比がさぁ。

ついでに言うと、ドイツ軍のマイクを通して、収容所内にいるはずのドーラに向かって
「こんにちは、お姫様」
だの
「ママー」
だの流したら、おそらく犯人を見付けるまで囚人たちを殺し続けますよ、あのナチスドイツ軍は。
そういう場所だったはずですよ。
あまりにもファンタジーすぎる。
これは逆に悲劇に襲われたユダヤ人に対する冒涜にもなるんじゃないか。

そんなこんなで戦争の終わりが近づき、ドイツ軍は証拠等を片付けて逃走を図る。
主人公は息子を隠して「誰もいなくなるまでここに隠れているんだよ。静かになるまで絶対に出てきてはいけない」と言い聞かせて、ドーラを探しに行きます。
ところが運悪くドイツ兵に見つかってしまい、銃殺。

ドイツ兵が去り、囚人たちも消えた静かな収容所で、息子は隠れ場所から出てきます。
向こうから現れたのはピッカピカの戦車。
その中から栄養と自信に充ち溢れた若い兵士が顔を出します。
「Hi, boy! 戦車に乗るかい☆」
出たー、「正義のアメリカ」だ~。

戦車に乗せてもらい、ニッコニコの息子。
親父はいいのか~。
そして移動する元囚人たちの列の中からママを発見。
再会に歓喜する母子二人。
親父はいいのか~。

「父は僕に命を捧げてくれたのだ」
と最後にナレーションが入ってもねぇ……
泣けねーよなぁ……。

人々が一体どこで泣くのかさっぱり分かりません。
ひじょーに残念です。

ベタなお約束たっぷりの「フラガール」ではわかっていても泣けたんだけどなぁ。
おかしいなぁ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

けめこ

だめなんだよ。
われわれは、苦労とか苦悩とかしちゃってるから、
中途半端なのは楽しめないんだよ。
やるならやりきってもらわないと。

笑わせてもらいました。
見ないリスト登録。

「白旗の少女」のほうが泣ける。
あ、「ある愛の風景」は是非。
やりきっております。
by けめこ (2013-08-14 18:17) 

若隠居

フラガールでは泣けたから、別に徹底してなくてもいいとは思うんだけどね。
いっそコメディにしちゃった方が私には馴染んだかもしれない。

ある愛の風景、あんまり何度も言われと、かえって観たくなくなるあまのじゃくなワタクシ。。。
by 若隠居 (2013-08-15 10:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました