So-net無料ブログ作成

青いパパイヤの香り [映画]

カンボジアに行って来て、なんだか東南アジアが恋しくて、あっちの方の映画が観たくなって、とりあえず録画しておいた「青いパパイヤの香り」を観た。

良い。すごく良いです。
非常に美しい映画です。

青々とした濃い緑。風が吹き抜けることを一番に重視した開放的な建物。
見ているだけで湿度の高い熱気が感じられます。
これよ、これ。こういうのが見たかったのよ。

一人の少女が大人の女性になっていく姿を、ベトナムの官能的な映像美とともに描いた作品です。
この女の子のムイちゃんがかわいいんだ。
彼女は全編を通してほとんどしゃべらないんだけど、ときおり虫やカエルを眺めながらにっこり笑うことがあって、それがもうかわいいの!
彼女の慎ましく心優しい性格を印象付けます。

大人になってからのムイちゃんがまた美しい。
このへんになると、西洋の男が夢見るアジア女性の匂いも漂ってきますが、そこはあえて気付かないふりをして一緒に酔ってみるがよろしい。
逆に、逡巡する主人(顔も物腰も日本の皇族に似てる)の姿はロマンスを求める女性の心を満足させてくれますよ。きゅーん。

ストーリーとしては、言うなれば「ベトナム版マイフェアレディ」です。
そう言うとただのシンデレラストーリーのように聞こえてしまいますが、そうじゃないんだって。
とにかく美しいんだって。
見終わった時に、ほうっとため息をつきたくなります。

セリフで多くを語らない寡黙な映画は好きだ。
静かだけどほどよい緊張感が漂う。
小さな悪意はあるけど悪人はいない。
安心してこの美しい世界にひたってください。
何度も観たくなる映画です。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました