So-net無料ブログ作成
検索選択

二月新橋演舞場昼の部 [歌舞伎]

新橋で勘九郎襲名披露公演を観てきました。
土蜘蛛が観たかったから昼の部を選択。

鳴神はあのおおらかなエロさが好きです。

土蜘蛛は途中の吉右衛門、仁左衛門、勘三郎の三人で踊るところが襲名らしい豪華さで良かったです。
この三人が並ぶとこって滅多に見られないよねぇ。

河内山はね、仁左衛門さんは大好きだけど、話そのものはそれほど好きじゃないの。
途中であきちゃった。
最後のばーかめーー!で目が覚めた。

えーっと、正直に忌憚のない感想を述べますと、襲名の割には退屈な公演だったなー、と。
でもそれは舞台の良し悪しの問題ではないのかもしれない。
これを観に行く直前にものすっごく気持ちのふさぐことがあって、舞台を観ながらそのことをずーっと考えていたから心ここにあらずだったのよね。
だから観る側の心の問題というのが大きいかもしれない。
でもさー、ホントにいい舞台って、そんな嫌なことなんて(少なくともその空間にいる間は)忘れちゃうようなエネルギーを持っている訳ですよ。
残念ながらそれはなかったね。

別に記事にしなくてもよかったんだけど、とりあえず観に行ったという事実を記録しておくために書きました。
こういうの書いとくと後で重宝すんのよ。私が。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました