So-net無料ブログ作成
検索選択

マーロウとヒトラー [映画]

映画2本。

「ロング・グッドバイ」



みんな大好きチャンドラーってどんなもんなのよ? と思ってハルキ訳で小説の方を読んだことがあるけれど、イマイチ面白さがわからなかった。
主人公のマーロウがいかにもアメリカタイプのタフガイでつまんなかったのよ。
でも映画の方はまたちょっと違うと聞いて、観てみました。
なるほど。こっちの方がキャラクター造形が鮮やかで魅力的。
どこかとぼけていて飄々としていて何考えてるかわからないんだけど、一本筋は通ってる。
ストーリーはやっぱりそれほど面白いと思わなかったんだけど、これはキャラクターの勝利ですね。

「ヒトラー 〜最期の12日間〜」



私の「観るべき映画リスト」にずっと入っていて長いこと観ていなかった作品。
たぶん何かで紹介されているのを読んで「これは観ねばならぬ!」と思ったんだろうけど、それがなんだったのかまったく思い出せない。
一応の主人公らしき秘書の女性はいるんだけど、一人の人間に密着した描き方というよりは、群像劇のような形でナチスドイツの崩壊を描いています。
ドキュメンタリーに近い淡々としたトーン。
戦争を描いたものだからもちろん暗くて悲壮なんだけれども、ラストで少年が川から自転車を引き上げるシーンでは思わず笑顔になること間違いなし。
戦争に翻弄され傷付きながらも、たくましく生きていく少年の姿はまさしく希望の姿です。

DVDのメニュー画面はクラシックなアドベンチャーゲーム(選択肢で物語が進んでいくやつ)の背景のようでちょっとワクワクするよ。
最後にナチス将校たちのその後が短く紹介されるのも、ファイアーエンブレムのエンディングみたいでちょっといいよ。(たいてい拘束されてるけど)

ついでにもう一つ蛇足を付け足すと、あの大戦に関わった主要国の中でやっぱりナチス将校の制服が一番かっこよく見えるんだよなぁ。
もちろん、彼らのしたこととはまったく別の問題ですよ。





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

けめこ

あーマーロウね。
名前だけ知ってる。
ほほう、映画があるのですか。
相棒でも、マーロウ好きな探偵さんが
登場します。
高橋克己さんが演じていて、
飄々としていてよかったです。
マーロウとは違うけど。

そうですか、たいてい拘束されてますか。
その後・・・
だよね。
戦争ものは見てはいけないものリストにのっているので、
話しだけきく。

by けめこ (2012-01-22 17:41) 

若隠居

高橋克己さんは味のあるいい役者さんだよねー。
相棒はほとんど見たことがないけど、あれもキャラクターの勝利だと思います。

けめこは戦争もの止めといたほうがいいね。賢明だね。
私は「うひー」と思いながらもたまに観てしまう。
by 若隠居 (2012-01-23 10:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました