So-net無料ブログ作成

先生の隠しごと [本]

「先生の隠しごと」 仁木英之

僕僕先生シリーズ五作目をようやく読んだ。
私ね、このシリーズ好きなんです。
好きだからこそあえて言わせてもらう。
今回はつまらなかったよ。

このシリーズの魅力って個性的なキャラクターとそのキャラクターたちの微笑ましいやりとりなんだと思うんだけど、そういうのが少なくなってしまった。
劉欣と薄妃がやりあってる場面くらいじゃないかな、くすっと笑わせてくれたのって。
先生と王弁くんとの絡みも全然と言っていい程なくって、がっかりよ。
二人のもどかしくも微笑ましい関係がいいのに!

キャラクターそのものの魅力もあまり感じられなかった。
僕僕先生は飄々としていて少女のようなのに悪女のようでもあり、そういう掴み所のない魅力が良いのに、今回は過去の男の記憶に引きずられてただの煮え切らない女になってしまっていて読んでいてちっとも楽しくなかった。
女の私が読んでも面白くないのに、男の読者が魅力的だと思えるのか甚だ疑問だ。
相変わらずなんでみんながそんなに王弁くんのこと大好きなのかも私にはよく分からないし。
実は劉欣が一番イイ男なんじゃないかという気がしてきたぞ。彼は一本筋が通っている。
今回の主要人物だったラクスも正直、キモかった。
もちろん、彼の理想の危うさみたいなものを描くのがテーマだったんだろうけど、もう少し彼の理想にも一理あると思わせるような、悲哀を漂わせるような書き方ができたんじゃないかと。
ただの狂信的な理想主義者にしか見えなくてただ気持ち悪いだけだった。

僕僕先生シリーズのもう一つの魅力は不思議な神仙やあやかしが出て来て不思議なことが次々起こって、というファンタジーの世界だと思うのだけれど、そういうのも今回はほとんどなくて、地に足の着いた現実世界の社会論、国家論、幸福論といった説教臭い話に終始してしまったのも残念。

こういう人気シリーズって巻を重ねるごとにつまらなくなってしまうことが多くてちょっと不安。
つまらなくなる方向性としては二種類あって、やたらと読者に媚を売るような見え見えの読者サービスばかりで話の内容が薄っぺらくなってしまう場合と、今回のように力み過ぎて(るのかどうかは知らんけど)説教臭くなってしまう場合とがあるような気がする。
仁木先生、次回作は是非原点に返って魅力的なキャラクターたちと胸躍る冒険を見せてください!
応援してますから!!






nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

藍色

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
by 藍色 (2012-03-27 17:02) 

若隠居

藍色さま

トラックバックありがとうございます。
こちらからも送らせていただきました。

僕僕先生シリーズは本当に続きが楽しみなシリーズですよね。
新作が待ち遠しいです。
by 若隠居 (2012-03-28 10:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました