So-net無料ブログ作成

セヴィリャの理髪師 [オペラ]

銀座ブロッサムでMETライブビューイングのセヴィリャの理髪師を観てきました。
ニューヨークのメトロポリタン歌劇場の舞台をそのまま録画して映画みたいに上映するものです。

オペラも観てみると結構面白い。
もちろん舞台にもよるだろうけど。
私がオペラを観るのはこれで3回目。といっても、生で観たのは1回しかありません。
それは私が国立劇場でバイトをしていた頃、余ったからと貰った新国立劇場のチケットでした。
別劇場の一介のバイト風情にチケットが回って来るくらいだから、よほど人気がなかったわけです。
だって千秋楽の1階席だよ。
で、それが内容もよく思い出せない程度のもので、まあ一度オペラっちゅーものを観れて良かったな、くらいのものでした。

それ以来オペラには近づかなかったのですが、METライブビューイングの魔笛が面白かったという話を聞いて、アンコール上演に行ってみたのが二回目。これが面白かった。
魔笛と聞くと、なんだか呪いの魔笛みたいなおどろおどろしいイメージがありますが、実際はおとぎ話みたいな話です。
英語に訳すとMagic flute。ああ、なんだ。魔法の笛ね。
有名な夜の女王のアリアやパパゲーノの歌が聞けてとてもとても面白かった。

それでもって、よーし、他のも観てみよう、と行ったのが、今日のセヴィリャの理髪師。
これもなかなか面白かったです。
ドタバタ喜劇。
ヒロインのロジーナを演じたジョイス・ディドナートはオペラ界のキャメロン・ディアスと勝手に命名しました。
高い頬から口にかけてがとても似ている。
笑ったり口を開いたりする時にアヒルみたいにちょっと唇がとんがるのがとても似ている。
そしてハリウッドの美乳女王キャメロン並にお胸も素敵でした。
歌の技量についてはよくわかりません。
私からみたらオペラ歌手はみんなすごいです。

ロジーナに恋する伯爵は、音楽教師に変装した姿が一番素敵でした。
インチキくさい扮装に、ステップを踏む様なおかしな歩き方。
何より、いかにもうさんくさい黒縁のメガネ。
素敵。一番素敵。
私ってもしかしてメガネフェチなんだろうか。

いつも歌舞伎ばっかり観ている私にとって、演出でまったく別の舞台になるオペラはとても新鮮に感じられます。
オペラを観ると、演出家の仕事の偉大さをしみじみと感じるのでした。

ところで、伯爵はあんなに強い権力を持っているのなら、なんのかんのと策を弄したりしないで、ロジーナ本人の了承も得ていることだし、さっさと後見人の叔父からロジーナを奪ってしまえばいいんじゃないかと思ったのですが、きっとそんなことを疑問に思ってはいけないのでしょうね。はい、すみません。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました