So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

お盆休みに読んだ本 [本]

​お盆休みは特にどこへ行くということもなく、だらだらと本を読んでいました。
とはいえ、読んでやったぜ! という達成感もなく、あっちこっちをつまみ食いして終わった感じです。

ずっと読みさしになっていた中井久夫の「世に棲む患者」を読了。
一般向けもあるが、医療関係者向けの文章が多いので素人にはやや読みにくい印象。
中井先生は精神医学を純粋な科学とはとらえていないようだけれど、一方で代替医療や宗教に対して、否定的とまでは言わないものの、一定の距離を取っているのが印象的だった。

ところで近所の本屋に「中井久夫 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)」が置いてあって、田舎町のさして大きくもない本屋にこういう本が置いてあるというのは捨てたものではないなぁ、と嬉しくなった。
「今読みたい本」ではなかったからその時は買わなかったけど、街の本屋さんを応援する意味で買っておいても良かったかもしれない。

代わりに買ったのが池谷裕二の「できない脳ほど自信過剰」。
かるーく読めて面白かったけど、一つも付箋を貼ることなく読み終えてしまった。
後日、図書館で見つけて少々がっかりした。

丹羽宇一郎の「死ぬほど読書」は「はじめに」と目次だけ立ち読みした。
冒頭で、以前に私も記事にした朝日新聞の投書のことが書いてあった。
本を読むことに否定的な大学生や中学生の意見に対して抱いた感想が似ていて、経済界の大物とは言え、78歳のご老体と同じとは、私の頭も大概かたくなっているなぁと寂しくなった。

「書店員X」は本の内容にはあまり興味がなかったけれど、巻末で清水潔のお勧めする本がどれも面白そうで、このブックガイドのためだけに買ったようなもの。
著者の長江さんが非常に影響を受けたという山田玲司「非属の才能」がKindle unlimitedの読み放題対象になっていたのでパラパラと読んでみたが、ニート経験はあるものの、ひきこもり経験のない私の心にはあまり響かなかった。
「非属」とか「群れない」とか言っている割には、最終的には「変わり者で一匹狼の俺だけど、今はこんなに楽しくやってるぜ」と自分の交友関係や対人スキルを喧伝していることに、不器用な私は混乱してしまう。
以前にこの本に感銘を受けたと話していた職場のおじさんは、腹の見えない二枚舌の狸親父であることを思い出して、なにやら納得した気持ちになった。
「書店員X」自体はまだ読んでいない。
清水潔のブックガイド以外は拾い読みして終わりだと思う。
長江さんのブックガイドにはそれほど食指が動かないが、BLマンガが含まれているのはさすが書店員。

去年買ってずっと積読本になっていた加藤陽子の「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」にようやく手を付けたが、予想外に読みにくかった。
中高生に対する特別講義を本にしたものだから読みやすかろうと思っていたのだったが、この中高生がただの中高生じゃなくて名門私立校の歴史研究会だかなんだかのメンバーなので、私なんぞよりよほど知識がある。
それでもって結局は「先生」による「授業」なのであまり歴史のダイナミックさが感じられず、面白く読み進められない。
でも日清戦争から昭和の戦争までの「勉強」にはなると思うので頑張って読み切ろうと思います。
これからようやく第一次世界大戦です。

加藤先生にてこずった反動で、299円という安さもあり、半藤一利と佐藤優の「21世紀の戦争論 昭和史から考える」を買ってしまった。
対談形式なのでとても読みやすい。
まあしかし、こういう本をさらに面白く読むためには、基本的な歴史を頭に入れておく「勉強」がやっぱり必要なんでしょうなぁ。




コメント(0) 

旧漢字旧仮名遣いの中島敦 [本]

旧漢字旧仮名遣いの中島敦が読みたくて、筑摩から出ている文庫じゃない方の中島敦全集第一巻を買いました。
2001年に新版が出ていますが、ちょっと興味ある程度で買っていいお値段ではないので、旧版の方を中古で購入。
前の所持者はあまり読み込まなかったと見えて、外装はそれなりに古びていますが中身はほとんど使用感なし。
いい買い物をしました。

旧仮名はともかく、旧漢字はさすがに読めないものがちらほらでてくる。
大体は文脈で推測できるけれど、どうにも読めない字もある。
そういう字はそのままで読み進んでいくと、再び遭遇してサンプルが増えることで「ああ、〇〇か!」とついにわかるのがまた面白い。

第一巻は小説を完全収録。
惜しくも早世した作家なので、全制覇は難しくない。
以下、備忘録として全タイトルと私の読書状況を記載します。
既読は他の文庫本等で読んだものを含む。

「斗南先生」   未読
「虎狩」   未読
「かめれおん日記」   未読
「狼疾記」   未読
「狐憑」   既読
「木乃伊」   既読
「山月記」   既読
「文字禍」   既読
「光と風と夢」   既読
「悟浄出世」   既読
「悟浄歎異」   既読
「幸福」   未読
「夫婦」   未読
「鶏」   未読
「環礁」   未読
「盈虚」   既読
「牛人」   既読……?
「名人伝」   既読……?
「弟子」   既読
「李陵」   既読
「章魚木の下で」   未読

すでに読んだものの中では「山月記」「文字禍」「悟浄出世」「悟浄歎異」が好き。
「牛人」「名人伝」は江守徹の朗読が頭に鳴り響く。
「光と風と夢」は最長小説。残念ながらあまり面白くはない。
「弟子」は論語の読み下し文がところどころに引用されるが漢学の素養がないため意味が解らないのが悲しい。



新旧翻訳比較 [本]

相変わらず社内ニートで暇なので、海外文学の新旧翻訳の比較をしてみることにした。

まずはドストエフスキー「地下室の手記」冒頭。

 俺は病んでいる……。ねじけた根性の男だ。人好きがしない男だ。どうやら肝臓を痛めているらしい。もっとも、病気のことはさっぱり訳がわからないし、自分のどこが悪いのかもおそらくわかっちゃいない。医者にかかっているわけでもなければ、今まで一度もかかったこともない。医学や医者は立派なものだとはおもっているのだが……。そのうえ、俺はこのうえもなく迷信深いときている。まあ、少なくとも医学を立派なものだと信じこむほどには迷信深いわけだ(迷信を馬鹿にする程度には、教育も受けているはずなのだが、とにかく迷信深いのだ)。

(光文社古典新訳文庫 安岡治子訳)

 ぼくは病んだ人間だ……ぼくは意地の悪い人間だ。およそ人好きのしない男だ。ぼくの考えでは、これは肝臓が悪いのだと思う。もっとも、病気のことなど、ぼくにはこれっぱかりもわかっちゃいないし、どこが悪いのかも正確には知らない。医学や医者は尊敬しているが、現に医者に診てもらっているわけではなく、これまでにもついぞそんなためしがない。そこへもってきて、もうひとつ、ぼくは極端なくらい迷信家ときている。まあ、早い話が、医学なんぞを尊敬する程度の迷信家ということだ。(迷信にこだわらぬだけの教育は受けたはずなのに、やはりぼくは迷信をふっきれない。)

(新潮文庫 江川卓訳)

私はロシア語はハラショーしか知らないので、訳の正確さは度外視して日本語としての好みだけを述べますと、断然、江川訳が好きです。
自分が意地の悪くて人好きのしない男であることを、肝臓のせいにする最初の一行目がたまらなくイイ。
こういう、根拠のない割には力強くて妙に説得力のある主張がドストエフスキーの登場人物の魅力だと思っている。


続いて、ナルニア国物語の「魔術師のおい」の冒頭からちょっと進んだところ。

ある朝、ポリーが裏庭に出た時、ひとりの男の子がとなりの庭からよじのぼって、塀の上に顔を出しました。ポリーはひどくおどろきました。それまで一度だって、となりの家には子どもがいたためしがなかったからです。ケタリーさんという、どちらも独身の年とった兄と妹が、いっしょにくらしているだけです。ですからポリーは、好奇心がうずうずして、その子を見あげました。その知らない男の子の顔は、すごくよごれていました。そのよごれかげんといったら、まず土をこねくりまわしたあとで、さんざ泣いて、そのあげく、よごれた手で顔をふいたとしても、とてもこれほどにはなるまいと思われるくらいでした。いや、じっさいのところ、この男の子は、それに近いことをしてきたところでした。

(岩波少年文庫 瀬田貞二訳)

(ポリーが)ある朝、裏庭で遊んでいたとき、となりの家の庭から男の子が塀をよじのぼって顔をのぞかせた。ポリーはびっくりした。というのは、それまで、となりの家に子どもが住んでいたことなど一度もなくて、ケタリー氏とケタリー嬢という年取った独身の兄と妹が住んでいるだけだったからだ。ポリーは興味津々で男の子を見上げた。はじめて見るその子の顔はひどく汚れていた。両手で泥いじりをして、それから大泣きして、その手で涙をぬぐったとしてもこれほどは汚れないだろう、というような汚れかただった。じっさい、男の子はそれとほぼ同じようなことをしていた。

(光文社古典新訳文庫 土屋京子訳)

あまり違いはないような気もするけれど、やはり慣れ親しんだ瀬田訳が好きですなぁ。
土屋訳が悪いわけではないのだけれど、上品で美しくて優しい瀬田訳があるのにあえて新訳する理由が、私には全然わからない。

ちなみに二人が屋根裏部屋にリンゴとサイダーを隠し持っているシーンが好きだ。
ん? ビスケットだっけ?

概して新訳より旧訳が好きな保守的な私です。



サンウルブズ×ブルーズ [ラグビー]

み ま し た か ! ! !

サンウルブズ今季最終節、秩父宮での待望の2勝目!!
私はもちろん現地で観ましたよーー。

相手は今季不調とは言えNZの名門ブルーズ。
世界最強のオールブラックスメンバーを含むツワモノ揃い。
まあ勝てるわけがないよね~、とほとんどの人が思っていたに違いない。

ここのところ大敗続きだし、気温はこの夏一番の暑さだというし、なんか行くのかったるいよね、やめよやめよ、と思った方が多かったのではあるまいか。
特にギンギラギンに日差しが当たるバックスタンドはご覧のとおりです。

IMG_2095.jpg

本当に殺人的な暑さだったので、無理もないかも。
なんとピッチ上は42度あったそうです。
スポーツするような気温じゃない!

IMG_2089.jpg
ウォーミングアップするブルズの皆さん。
少しでも日陰を求めて手前のゴールポストに寄り掛かって見守るのがヘッドコーチ。

IMG_2088.jpg
真ん中あたりで右へ向かって歩いていくのがジェローム・カイノ(たぶん)。
彼のシンビンはサンウルブズとしてはラッキーでしたが、私はカイノ好きなのでちょっと残念でした。
BIライオンズ戦でもシンビンくらってたような気がしたんだけど記憶違いかしら??

IMG_2091.jpg
あっちのほうで練習するサンウルブズの皆さん。
本日のゲームキャプテン、ブリッツの姿が微かに確認できます。

IMG_2093.jpg
さあ、キックオフ!

最初に2トライ取られた辺りは「やっぱつえーな、ブルーズ。大量にトライを取られて、サンウルブズも意地で1トライくらい取って、頑張ったけどダメだったね、のいつものパターンかぁ」と思いました、正直。
前半終了間際に1トライ返していい形で折り返したものの、この時点でも私はまだ「どうせ負けんだろ」と思ってました、ごめんなさい。

ラインアウト。
名称未設定-1.jpg

とびます。
名称未設定-2.jpg

スクラム、安定してましたね。
名称未設定-3.jpg

後半、山中の諦めない姿勢が生んだトライで2点差に追いつき、ラインアウトからのモールでペナルティトライを得て逆転!
あの「モールのことはバックスにはよくわからないけどとりあえずみんな入っとけモール」には涙が出ました。

明らかにくたびれているブルーズの皆さんに対して、サンウルブズの皆さんは波に乗って元気いっぱい。
気づけばあれよあれよと言う間にトライを量産して、終わってみれば48-21の圧勝。
思ってもみなかった結末でした。

まあ、今回はサンウルブズがブルーズに勝ったというよりは、日本の夏がニュージーランドの冬に勝ったというほうが正しいような気もしますが、いいんです、勝ちは勝ちです。

試合終了後に健闘を称え合う選手の皆さん。
IMG_2103.jpg


さて、今回はシーズン最終戦ということで、ファンクラブ会員向けに特別イベントがありました。
なんと選手の皆さんがハイタッチでお見送りしてくれるというもの。

炎天下の立見席でじりじりと順番を待って、ついに来ました、先頭はキャプテンのエドワード・カークです!
ステキな笑顔でぎゅっと握手してくれました。
ファンにもらったとおぼしきプレゼントをいくつも抱えていた姿が印象的。
私もますますファンになりました。
カークキャプテンは試合前もたくさんのファンとの撮影やサインに応じていて、本当にファンを大事にしてくれているのが伝わってきます。

撮影やサインは禁止なので、次々と現れる選手たちと順番に握手したりハイタッチしたり。
わー、誰々だー! キャー、〇〇くぅーん!
と心の中で叫ぶ。
流れ作業で次々現れるので、脳の処理が追い付かない。

選手によって温度差は結構ある。
ほとんどの選手は一人一人に丁寧に対応してくれて、しかもあの炎天下で試合をした後だというのに爽やかな笑顔を向けてくれる選手もいて、本当に本当に嬉しかった。
傾向としては、外国人選手の方が、しっかりとこちらの目を見て笑顔を向けてくれて、力強い握手をしてくれるようです。
そういう文化で育っているということもあるでしょうし、わざわざ異国でプレイしているくらいですから、自分自身が商品である、というプロ意識をちゃんと持っているのでしょうね。

一方で、日本人選手の中にはいかにも義務的に流している人が何人かいて残念でした。
特に、私が今季から注目していてこの日会えるのを楽しみにしていた選手はこちらを見もせずに握手も一瞬触れるか触れないか程度。
そりゃあ、あんな大勢のファン全員と握手させられるのは気が遠くなる作業かもしれないけど、今日は試合に出てなかったんだし、もうちょっとプロとして取り繕う姿勢を身につけてもいいんではないかと思いました。

大野さんがインタビューで「自分にとってはいつもの秩父宮だけど、お客さんにとってはたった一度の秩父宮かもしれない。だから一人一人に丁寧に対応したい」と語っていたことを思い出しました。
うーん、さすが均ちゃん。

サンウルブズの皆さん、今季お疲れ様でした。
来季も応援に行きます!



寝テ居ルモ奉公ナリ [ひまつぶし]

私ねぇ、暇なんですよ。
仕事がなくて。
いわゆる「社内ニート」ってやつでね。
やることがないから、一日中インターネットを見てたりするんです。
そうするとね、だんだん自己嫌悪に陥ってくるんですよ。
「貴重な人生の時間をこんな無意味なことに費やすなんて、なんと愚かなのだろう」
とか、
「忙しく働いている人々に申し訳ない」
とか思うわけですよ。
それで、せめてもの雑用として、コピー機の用紙を追加したりするんですけど、そんなのすぐに終わっちゃうんです。

そんな時にですね、読売新聞1面の「編集手帳」で荻生徂徠のこんな言葉を知ったんです。

寝テ居ルモ奉公ナリ

おおお、そうか! と目の前が明るくなりました。
ひがな一日インターネットを見て居るも奉公なり!
遊んでいるようでも何かしらの役には立っているのだ!

そうだ、そうだ、と盛り上がり、一体どんな文脈でどういう説明のもとでこの言葉が語られているのか、原本にあたってみたくなった。
調べてみると、近くの図書館に収蔵されている「古典大系 日本の指導理念」という全集に収められているようだ。
よし、近いうちに調べに行こう。
しかしそもそも荻生徂徠ってどんな人だったっけ???

そんな時、私はたまたま磯田先生の「無私の日本人」を読んでいた。
その中で中根東里という大変立派な学者先生の話が出てくる。
そこに現れたるは当時飛ぶ鳥を落とす勢いの御用学者、荻生徂徠!
高校受験以来ほとんどお目にかかっていない名前に二度もぶつかるとは。
シンクロニシティ、キタ!!
徂徠先生こそが私の救世主であられたか!
寝テ居ルモ奉公ナリ!
Yes! That's right!!

……と盛り上がっていたところ、そこで描かれる荻生徂徠は学問も人間も薄っぺらい俗物であった。

寝テ居ルモ奉公ナリ

という言葉の輝きが一気に失われたのは言うまでもない。

わざわざ図書館へ行って原本にあたる気がなくなったので、インターネットに載ってないかなーと調べてみたら、2008年の読売新聞「編集手帳」が出てきた。
そこで使われていたのは、「寝テ居ルモ奉公ナリ」とは言うけれど、こんな政治家だったら「ネテイテクレタホウガマシ」だよね、という、先日とまったく同じ論法であった。
同じネタを使い回すのはちょっとカッコ悪いよな、今はインターネットですぐわかっちゃうからな、と思いながら、私の突発的荻生徂徠ブームは終了した。



アルチンボルド展 [美術館/博物館]

国立西洋美術館で開催中の「アルチンボルド展」に行ってきました。

22-65b9etop.jpg

みどころはやっぱり「四季」シリーズと「四大元素」シリーズでしょうか。
肖像画を構成するパーツの花や果物があまりにも自然で写実的なので、近くでみると構成要素の一つ一つの方を脳が認識してしまってあまり顔に見えない。
少し遠くから見るとたしかに顔に見える。
顔に見える、というだけでなく、おそらくモデルに似ているはずで、それが本当にすごいと思います。
遠近で二度おいしい。超絶技巧です。

私が肖像画を描いてもらうとしたら「春」みたいにお花いっぱいで描いて欲しいな。
余談ですが、「春」はオッサンだと思っていたら女性だそうです。失礼しました。

職業シリーズも面白い。
上下逆さにすると見えるものが違う、という絵は横にコピーのパネルがあって分かりやすくてよかったけど、できることならば自分で逆さにしてみたいね。

点数が比較的少なく、それほど混んでいなかったということもあって、1時間くらいでさらっと観終わりました。

なんというか、最近は印刷の技術やデジタルの技術が向上していて、本物にかなり近いものを簡単に見られるようになったためか、実際に現物を前にした時の驚きのようなものが薄れてしまっている気がします。
もちろん、本物が持つ迫力というものはあって、生で見ることの価値は何も変わってはいないのだけれど、コピーの方がぐんぐんと本物に迫っているように感じます。

それを言ったら、そもそも私たちが「見ている」と思っているすべてのものは、目が拾った光の情報を脳が再構築して見せているものであって、実際の世界そのものではないわけで、「本物」とはなにか、とか考え始めるとよくわからなくなってきます。

まあ、それはともかく。
展示室に入る前に、あなたの顔をアルチンボルドの寄せ絵にしますコーナー、がありました。
モニターの前に立つと、カメラがあなたの顔を認識してアルチンボルド風の肖像画を作ってくれます。
これ、すごく面白い!
多少並ぶと思いますが、待っている間も他のお客さんたちの肖像画ができていく様子を見ているのも楽しいので、是非やってみてください。
おすすめ。

ちなみにアルチンボルド風若隠居さんはこちら。

名称未設定-1.jpg

似てる? かも?



近頃の若隠居さん [日記]

最近これといって書くことがありません。
本もほとんど読んでません。
いえ、読んではいるのですが、読み終えるほどの分量を読んでいなかったり、読みはしたものの「またつまらぬものを読んでしまった……」と後悔するようなものばかりで、記事になりません。

今読んでいて割と面白いなーと思っているのが「文藝春秋SPECIAL 2017年夏号」ですが、これは本ではなくて雑誌ですね。



心とか脳とかの特集で、よく知られたネタが多いですし、重複している話題も多いのですが、短い記事の集まりでお手軽に読めてちょっとやってみようかなと思えるのがいいです。
この中で、安藤寿康と橘玲の対談がなかなか小気味良い。
橘さんが持って行こうとする一面的で短絡的な結論に対して、やんわりと反論する安藤先生にスカッとします。
「言ってはいけない 残酷すぎる真実」が大変に売れているようですが、この人の言っていることを鵜呑みにするのは危険だということがよくわかります。


他にやったことと言えば健康診断くらいで、受けに行く前にうっかりトイレへ行ってしまって、尿検査で紙コップのラインまで溜まらなかったんだけど大丈夫かなと心配になったり、私はやせっぽちなので体重は平均より少ないんだけど腹囲が平均値なのはどういうことなんだろうと首を傾げたりしましたが、他は特にどうということもなかったです。


仕事は相変わらずとっても暇なので、中島敦の悟浄を講師に迎えて開催される架空のセミナー「わたしはなぜわたしなのか~生きる意味を越えて~」(会場:西域国際交流会館 流沙河の間)のポスターを作ってスキルアップを図ったりしていますが、それでも暇で、ついインターネットを見てしまって後悔しきりです。


それでは、夏至の明るい夜をお楽しみください。
雨だけど。



ばらの騎士 [オペラ]

METライブビューイング「薔薇の騎士」を観てきました。

平日昼間にも関わらずかなりお客さんが入っています。
これは土日は混んでいたでしょうね。

青年将校オクタヴィアンを演じるのはメゾソプラノの女性歌手なのですね。
女性歌手が男性を演じて、その男性が劇中で女性を演じるという複雑さ。
歌舞伎の毛谷村の逆バージョンですね。

ルネ・フレミング演じる元帥婦人の威厳と存在感が圧倒的。
迫りくる老い、止められない時間。
今は自分に夢中の年下の恋人もいずれは若い娘のもとへ去ってしまう予感と覚悟。
私に言わせりゃ、まだ32歳だけどな。

元帥婦人の従兄のオックス男爵は粗野で下品な鼻持ちならない男なのだけれど、演出の妙もあってか、だんだんと愛すべきおバカさんに思えてくるから不思議。

結局、青年将校オクタヴィアンは若くて美しい娘ゾフィーのもとへ去ってしまう。
「男は皆おなじ。悲しむのはいつも女なのよ」
というような元帥婦人の独白から推察するに、オクタヴィアンもいずれおじさんになったらゾフィーより若い娘に走るんじゃないの~なんてひねた考えを抱いてしまいます。

やっぱり私は、愛がどうだとか、君しか見えないとか、そんなことばっかり歌い上げるオペラはあんまり好みではないようです。

来シーズンは大好きな「魔笛」をやるようで、とても楽しみ!


シネマ歌舞伎「東海道中膝栗毛〈やじきた〉」 [歌舞伎]

めっきり歌舞伎座には行かなくなりましたが、シネマ歌舞伎で「東海道中膝栗毛〈やじきた〉」を観ました。
お遊びたっぷりの楽しい舞台でした。

染五郎と猿之助の二人が芸達者なのは言うにおよばず、若君と供侍を演じた子役二人が爽やかで可愛らしい。
カジノの支配人・出飛人(デイビッド)を演じる獅童の怪演が印象に残ります。

劇中劇としてやじきたの二人が連獅子を踊るのですが、メイクは間抜けなやじきたのまま、衣裳も紛い物、なのに頭にかぶる獅子の毛と踊り自体は本物、というシュールな絵が何とも言えない。

春猿の女装の艶やかさはさすがの一言に尽きる。


今年も8月歌舞伎でこの二人のやじきたが観られるそうでとても気になりますが、たぶん歌舞伎座には行かないと思います。。。


近況 [日記]

ジロ・デ・イタリアを観戦するためにイタリアへ行ってきました。
諸事情あって記事は書きません。
写真のみお楽しみください。

IMG_1789.jpg

IMG_1798.jpg

IMG_2015.jpg

IMG_1869.jpg

IMG_1959.jpg


ところで、私がイタリアへ行っている間にサンウルブズのホームゲームがあって、これまで秩父宮は皆勤賞なので行けなくて残念だったのですが、チーターズに完敗のいいとこなしの試合だったようで、行かなくてよかったかもしれない。
7月のブルーズ戦は行くので、ぜひカッコイイ姿を見せてください!


前の10件 | -